カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[7]

投稿日:2015年8月25日

マダムからの贈り物

2015年8月5日(2日目)

 台鈴(タイリン)の本社前からV−ストローム1000の新車に乗って走り出す。メーターは259キロ。台鈴の若い方の李さんがスズキのビッグスクーター、バーグマンに乗って先導してくれる。

 台北駅に近い「サニーカフェ」が出発のセレモニーの会場。若きマダムが初めてだという着物姿で迎えてくれた。店の前の小広場には今回のV−ストローム1000による台湾ツーリングの横断幕が掲げられている。

 店内には同行してくれるV−ストローム・クラブのみなさんが待ち構えていた。そのほか台湾メディアのみなさん6名も同行取材してくれる。通訳として、バイク専門のツアー会社「日本重車自駕旅遊」を運営している黄敬強さんも、V−ストローム650に乗ってやって来る。全部で15台のV−ストローム。それと台鈴の李さん、蘇さんのバーグマン。全部で17台のバイクで走る。これは壮観だ。

 通訳の黄さんは台湾人ライダーをひきつれて、レンタルバイクで日本国内のツーリングを何度となく開催している。台湾人ライダーにはとくに北海道が人気だとのこと。「私は日本の道を一番よく知っている台湾人になりたいのですよ」という黄さんだ。

 まずはサイン会。何人ものみなさんに「生涯旅人! 2015・8・5 賀曽利隆」のサインをした。

 そのあと出発式のセレモニーが始まった。台鈴の李さんがセレモニーの進行役。台鈴社長の藤さんの挨拶のあと、李さんの質問に答える形でカソリのいままでのバイク旅、これまでの2度のバイクでの台湾旅、そしてV−ストローム1000の印象、乗り心地の良さ、走りの良さ、ロングツーリングは最適といった話をした。

 話し終えたところで、「サニーカフェ」のマダムの特製朝食をいただた。そのお礼に台鈴特製のカソリTシャツをプレゼント。「サニーカフェ」のマダムは「旅の安全を祈ってます!」といって、首にお守りをかけてくれた。「新荘地蔵庵」の「地蔵王菩薩」のお守りだ。

「サニーカフェ」のマダムを中心にして台鈴の藤社長、参加者のみなさんとの記念撮影。それを最後に、台北を出発するのだった。

01・20150805-DSC_8484

▲「サニーカフェ」の若きマダム

IMG_8626

▲「サニーカフェ」前のセレモニー会場

IMG_8627

▲参加者のV−ストローム・クラブのみなさん

02・20150805-DSC_8458

▲カソリの「生涯旅人!」のサイン

03・20150805-DSC_8506

▲出発式のセレモニーが始まる

04・20150805-DSC_8516

▲台鈴の李さんが進行役

05・20150805-DSC_8527

▲台鈴社長の藤さんの挨拶

06・20150805-DSC_8578

▲カソリのトークショ

07・20150805-DSC_8623

▲「サニーカフェ」マダムの特製朝食をいただく

08・20150805-DSC_8659

▲「サニーカフェ」のマダムに台鈴特製のカソリTシャツをプレゼント

09・20150805-DSC_8688

▲「サニーカフェ」のマダムからお守りをもらうカソリ

IMG_8628

▲これが「サニーカフェ」のマダムからのお守り

10・20150805-DSC_8661

▲記念撮影を最後に台北を出発!

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税