カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[6]

投稿日:2015年8月24日

英雄関羽に安全祈願

2015年8月5日(2日目)

「ホテルK(柯達大飯店)」に戻ると朝食。バイキング形式の朝食だ。ぼくの大好きなマンゴージュースを飲み、サラダをたっぷり食べる。ご飯は「お粥」。中国でもそうだが、台湾でも朝食にはお粥が一番。白飯を食べることなく、お粥をおかわりした。

 朝食を食べ終わった頃、台鈴(タイリン)の李さんがホテルに来てくれた。いよいよV−ストローム1000で台湾を走る時が来た。その前に、台鈴のみなさんと一緒に近くの行天宮に行き、旅の安全を祈った。

 行天宮の主神は「三国志」の英雄、関羽。そのほか劉備、張飛、孔明、岳飛をまつっている。関羽の廟を武廟といい、その武勇から仏教の守護神として崇められている。また一説には関羽はそろばんの発明者ともいわれ、商売の神としても厚い信仰を集めている。極彩色の絢爛豪華な造りの行天宮には、朝から大勢の人たちがお参りに来ていた。

 2010年の「台湾一周」の時も、2011年の「台湾往復縦断」の時も、まずは行天宮を参拝してから旅立った。

 過去2回の行天宮と、今回の行天宮では大きく変わったことがある。境内には線香の煙がもうもうとたちこめていたのだが、それがなくなっていた。李さんに聞くと、線香は禁止になったという。台湾では今、エコがブーム。何でもかんでも「エコ」といった感があり、線香の煙は環境を破壊するというので禁止になった。思わず東京・浅草の浅草寺を思い浮かべてしまった。線香の煙の消えた浅草寺はきっと味気ないものになるに違いない。

IMG_8622

▲「ホテルK(柯達大飯店)」の朝食

IMG_8623

▲行天宮の入口

IMG_8624

▲行天宮で読経する人たち

IMG_8625

▲行天宮を参拝

IMG_9505

▲2010年の行天宮

IMG_9770

▲2011年の行天宮

Comments

Comments are closed.

Scroll Up