カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[5]

投稿日:2015年8月23日

早朝の松江路

2015年8月5日(2日目)

 8月5日5時起床。「ホテルK(柯達大飯店)」を出発し、夜明けの台北を歩く。この時間帯だと、4車線の松江路を通る車はほとんどない。大通りから裏通りに入っていく。まだほとんどの店が閉まっているなかにあって、「セブンイレブン」の明かりが目につく。すっかり台湾に定着した「セブンイレブン」や「ローソン」、「ファミリーマート」などの日本のコンビニだが、「セブンイレブン」の一人勝ちのような様相だ。

 松江路の大通り沿いにも裏通り沿いにも、このエリアだけでも、何軒もの「セブンイレブン」がある。台湾のスズキ、台鈴工業の李さんは、「台湾人はセブンイレブンがないと、もう生きていけないんですよ」と冗談半分で言っていた。店に入ると、日本風のおにぎりを売っている。おでんが人気だとのことで、熱々のおでんを買っていく人も多い。夜明けの「セブンイレブン」は混んでいた。日本よりも台湾の「セブンイレブン」の方がはるかににぎわっているように見えた。

 そのすぐ近くでは、屋台風の店が営業していた。そこではタクシーの運転手が揚げたての油條と豆乳の朝食を食べていた。油條と豆乳の朝食はなつかしい。旧満州(中国東北部)を「軽機スズキ」の110ccバイクで走ったときは、何度となく食べた朝食。横浜の中華街でも、揚げたての油條を食べながら歩くのがぼくは好きなのだ。屋台風の店で朝食を食べている運転手のタクシーはトヨタのウイッシュ。台北の新しいタクシーの大半はウイッシュだ。トヨタは台湾では圧倒的なシェアーを誇っているが、高級車のレクサスもよく見かける。

 ズラズラズラッと看板を掲げた店が軒を並べる通りを歩く。その中に「小樽ラーメン」の看板を掲げた店を発見。そこには「日本」をあえていれている。台湾では日本とか日式はブランドで、それだけでより多くの客が入るという。我々日本人が英語が入っていると、ちょっとかっこいいと思うのと同じで、漢字の中にカタコトの日本語(ひらがなやカタカナ)の入った看板をよく見かける。台湾では英語の看板を見かけることはほとんどない。

IMG_8600

▲「ホテルK(柯達大飯店)」を出発

IMG_8601

▲夜明けの松江路

IMG_8602

▲松江路の標示

IMG_8603

▲松江路の交差点。左には回転ずしの店

IMG_8604

▲松江路の地下鉄「行天宮駅」

IMG_8606

▲裏通りを行く

IMG_8607

▲裏通りの「セブンイレブン」

IMG_8608

▲早朝からやっている屋台風の店

IMG_8609

▲タクシーはトヨタ・ウイッシュ

IMG_8611

▲看板を見ながら歩くのも楽しい

IMG_8612

▲「小樽ラーメン」の店


Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税