カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

V-Strom1000で行く台湾[4]

投稿日:2015年8月21日

台鈴スタッフと台湾料理

2015年8月4日(1日目)

 夕方の5時、「ホテルK(柯達大飯店)」に台鈴(タイリン)工業の李さんが来てくれた。李さんは2010年の「台湾一周」、2011年の「台湾往復縦断」の時に同行してくれている。
「カソリさん、私は今、日本語を勉強しているんですよ」
 と、李さんは日本語で言った。

 李さんの案内で、「合家厨房」という店に行く。この店でみなさんと一緒に夕食を食べるのだ。台鈴の重鎮の陳さんからは、「カソリさん、旅の途中で飲んでくださいね」といって埔里産の紹興酒と金門島産の高粱酒をプレゼントされた。金門島の高粱酒は58度という強い酒。思わず沖縄・与那国島産の60度の泡盛を連想した。

 夕食の席には李さん、陳さんのほかに、今回の「台湾ツーリング」でスズキのビッグスクーター、バーグマンに乗って先導してくれる若い李さんと、やはりバーグマンに乗って後を走ってくれる蘇さん、それと通訳として若い社員の洪さんが来てくれた。礼儀正しい洪さんは残念ながら今回の「台湾ツーリング」には同行できないという。
「カソリさん、別の通訳の人が同行してくれるので、大丈夫ですよ」
 と李さんは言う。

 さー、台鈴のみなさんとの夕食会の開始だ。まずは「台湾ビール」。何度も「乾杯」を繰り返す。台湾ビールのつまみは「花生」と「毛豆」。花生は落花生で、毛豆は枝豆。
「落花生は日本では南京豆ともいうんですよ」
 というと、
「おー、花豆は南京から日本に伝わったのか」
 という声が出た。

 これから先、何度も飲むことになる「台湾ビール」はじつにうまいビールだ。

 円形のテーブルには次々と台湾料理が出てくる。それをみんなで取り分けて食べるのが、すごくいい。長崎の郷土料理の卓袱料理が目に浮かぶ。

 野菜炒め、牛肉鍋、豚肉の唐揚げ、豚肉鍋、筍料理、カキ鍋、野菜と揚げ豆腐の鉄板焼き、タマネギサラダ、北京ダック風のアヒル肉、豚のホルモン(胃を揚げたもの)と、もう食べきれないほど。豚肉鍋というのは台湾人も大好きな「トンボーロー」のことで、豚のバラ肉を醤油に付け込んだもの。デザートは西瓜。日本でも台湾でも西瓜は西瓜だが、台湾では「シークワ」という。

 いや〜、もう大満足。台鈴のみなさんとの夕食会はじつに楽しいものだった。「台湾ビール」を何本も飲んだので、フラつく足で「ホテルK(柯達大飯店)」に戻ったが、バタンキューで深い眠りに落ちていった。

IMG_8580

▲「合家厨房」での夕食会

IMG_8581

▲李さんと「乾杯!」を繰り返す

IMG_8582

▲台鈴工業のみなさん

IMG_8584

▲牛肉鍋

IMG_8585

▲豚肉の唐揚げ

IMG_8586

▲豚肉鍋

IMG_8588

▲筍料理

IMG_8590

▲カキ鍋

IMG_8591

▲野菜と揚げ豆腐の鉄板焼き

IMG_8593

▲タマネギサラダ

IMG_8595

▲北京ダック風のアヒル肉

IMG_8597

▲豚のホルモン

IMG_8601

▲デザートの西瓜

IMG_8602

▲これが金門島産の高粱酒

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up