カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アドレス日本巡礼[170]

投稿日:2014年10月29日

中山道を京へ

日本百観音霊場めぐり 2009年5月13日
IMG_3751

東京・日本橋を出発!

IMG_3752

国道17号を行く

IMG_3753

東大の赤門

IMG_3754

巣鴨の地蔵通り商店街

IMG_3756

「とげぬき地蔵」の高岩寺

IMG_3758

板橋駅

 2009年5月13日7時、東京・日本橋にスズキの125ccスクーター、アドレスV125Gとともに立った。「アドレス日本巡礼」の第2部、「日本百観音霊場めぐり」の開始だ。まずは「西国33ヵ所」をまわる。出発点の京都までは中山道を往復する。中山道の全宿場、69宿をたどるるのだ。

 東京から高崎までは国道17号に沿っている。東大の赤門(加賀藩江戸屋敷の御守殿門)前を通り、JR山手線の巣鴨駅前からは地蔵通商店街に入っていく。この道が旧中山道。「おばあちゃんの原宿」のとげぬき地蔵(高岩寺)を参拝。そのまま中山道旧道を走る。都電荒川線を渡り、明治通り(環状5号)を横切り、JR板橋駅前から最初の宿、板橋宿に入っていく。板橋宿は東海道の品川宿や甲州街道の内藤新宿、奥州街道(日光街道)の千住宿同様、都内の宿場。これらの4宿は「江戸四宿」といわれている。

 板橋宿の町並みをアドレスで走り、地名の由来ともなった板橋を渡り、幅広の国道17号(中山道)に出る。都営地下鉄の志村坂上駅前には志村の一里塚。国道17号の両側に一里塚が残っている。そこには次のように書かれている。

「江戸に幕府を開いた徳川家康は、街道整備のため、慶長9年(1604年)2月に諸国の街道に一里塚の設置を命じました。これにより、5間(約9m)四方、高さ1丈(約3m)の塚が江戸日本橋を基点として1里(約4km)ごとに、道を挟んで築かれました。志村の一里塚は本郷森川宿、板橋宿平尾宿に続く中山道第3番目の一里塚として築かれたもので、天保元年(1830年)の『新編蔵風土記稿』では『中山道往還の左右にあり』と紹介されています。
 幕末以降、十分な管理が行き届かなくなり、さらに明治9年(1876年)に廃毀を命じた法が下されるに及び多くの一里塚が消滅していきましたが、志村の一里塚は昭和8年からおこなわれた新中山道の工事の際に、周囲に石積みがなされて土砂の流出をふせぐ工事が施されて保全され、現在に至っています。今日、現存する一里塚は全国的にも非常に稀なもので、都内では北区西ヶ原と志村の2ヵ所だけです。そのため交通史上の重要な遺構として、大正11年(1922年)に国の史跡に指定され、昭和59年に板橋区の史跡に登録されました」

 志村からは中山道の坂を下り、環8との交差点を過ぎ、荒川にかかる戸田橋を渡って埼玉県に入った。

IMG_3760IMG_3762IMG_3764

旧中山道の道標 志村の一里塚 荒川にかかる戸田橋

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税