カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[38]

投稿日:2012年11月20日

シンガポールの夜景

シンガポール経由で中部国際空港へ

 2012年1月5日。
 夜明けとともに起き、「シャトー・オン・ザ・パークホテル」の周辺を歩く。
「これがクライストチャーチの見納めか…」
 と思うと寂しさを感じてしまう。
 ホテルに戻ると、レストランで朝食。そして9時、ホテルを出発。
 我々はクライストチャーチ空港でシンガポール航空SQ298便に乗り込み、シンガポールへと飛び立った。
「また来るぞ、ニュージーランドよ!」
 シンガポールのチャンギ空港到着は17時30分。ここでは7時間以上の待ち時間があるので、全員で地下鉄に乗ってシンガポールの中心街まで行く。きれいな夜景。シンガポールのシンボルの「マーライオン」を見たところでチャンギ空港に戻った。
 シンガポール発は翌1月6日。1時05分のシンガポール航空SQ672便に乗り、中部国際空港へ。8時25分、中部国際空港に到着。到着ロビーで我々の解散式。一緒にニュージーランドを走ったみなさんとの別れは辛い…。
「みなさ〜ん、お世話になりました!!!」
 みなさん全員を見送ったあと、道祖神の海野さんと空港内の「ラーメン店」に入る。日本に帰ってきて真っ先に食べたくなるのはラーメンだ。
 その前に餃子をつまみに海野さんと生ビールで乾杯。
「海野さん、お疲れさま!」
 いやー、それにしてもうまいラーメンだった。
 中部国際空港から名鉄で名古屋駅まで行き、新幹線で東京へ。車中では海野さんとカンビールを飲みつづけ、何本も空けた。もう最高の気分。
 小田原駅でカソリ下車。海野さんとはガッチリ握手をかわして別れた。
 出発のときと同じように小田原駅の周辺を歩く。小田原に始まり、小田原に終った今回の「ニュージーランド南島ツーリング」。
 小田原からは小田急線に乗って伊勢原の自宅に戻った。
 我が家を出てから10日しかたっていないのに、1ヵ月も2ヵ月も旅してきたような気分。「ニュージーランド南島ツーリング」はそれだけ中身が濃く、それだけおもしろかったということなのだろう。(了)

「シャトー・オン・ザ・パークホテル」の庭園を散策
ホテル周辺の住宅街


売りに出された住宅
「止まれ」の標識


街角のバイクレースの案内板
「シャトー・オン・ザ・パークホテル」に戻る


「シャトー・オン・ザ・パークホテル」の朝食
シンガポール航空の機内食


シンガポールの地下鉄のチャンギ空港駅
シンガポールの地下鉄に乗る


シンガポールのシンボルの「マーライオン」
なつかしの小田原!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税