カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[37]

投稿日:2012年11月19日

クライストチャーチに戻ってきた!

全行程2200キロ、最後の記念撮影

 ジェラルディンの町を出発。国道79号→国道77号→国道73号でクライストチャーチに向かう。山裾の牧場の前ではブリッツをまじえての記念撮影。ラカイア川の谷を見下ろす高台ではバイクを止めて小休止。ラカイア川といえば、クライストチャーチを出発してまもなく国道1号で渡った川だ。
 ラカイア川を渡ると大牧場、大農園がつづく。
 大牧場では家畜が羊から牛に変わっているのがよくわかる。大農園ではアメリカで見るような巨大な移動式スプリンクラーが広大な畑の隅々まで散水していた。
 クライストチャーチ近郊のダーフィールドの町で国道73号に合流。クライストチャーチと反対の方向に行けば、サザンアルプスのアーサーズ峠を越える。
 アーサーズ峠といえば、ニュージーランドでも一番よく知られた峠。その一帯はアサーズパス国立公園になっている。「峠のカソリ」、ここでも「今度、来るときはアサーズ峠を越えよう!」と新たなニュージーランド南島の旅を夢みるのだった。
 2012年1月4日17時、クライストチャーチに到着。我々は「シティー・モーターサイクル・レンタルズ」の前でバイクを停めた。ここで最後の記念撮影。全行程2200キロの「ニュージーランド南島ツーリング」が終った。
 V?ストロームには「お疲れさま!」と声をかけた。
 我々はクライストチャーチに来たときと同じ、「シャトー・オン・ザ・パークホテル」に泊まる。
 その夜はホテル近くの「ザ・ランニング・ブル」という店での飲み会。ブリッツも駆けつけて来てくれた。ビールでの乾杯を繰り返し、飲み会は大盛り上がり。道祖神の海野さんは事故もなく、全員が無事にクライストチャーチに戻ってきたので安堵の表情を浮かべている。
 酔いざましに外に出、夏とは思えないような冷たい夜風に吹かれたとき、
「あー、終ってしまった…」
 と、無性に寂しい気分を味わうのだった。

クライストチャーチへ!
草を刈り取った後の牧草地


ブリットをまじえての記念撮影
ラカイア川を見下ろす


ラカイア川の流れ
カソリ号のV?ストローム、ラカイア川を渡る


V?ストロームよ、お疲れさま!
この店で最後の飲み会


Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。