カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[34]

投稿日:2012年11月15日

クック山が遠ざかっていく

3000メートル峰をバックに……

 ニュージーランドの最高峰、クック山(3754m)登山の拠点、アオラキ・マウントクック・ビレッジで折り返し、国道80号を走る。
 国道脇のパーキングにバイクを停めると、クック山をバックに記念撮影。クック山に雲はまったくかかっていない。クック山を中心にしたこの一帯には3000メートル峰が全部で19峰あるというが、それら3000メートル峰もよく見えた。
 記念撮影を終えると国道8号との分岐点までは各自のフリー走行。
 夕暮れ間近の国道80号はほとんど交通量がないことをいいことに、カソリはV?ストロームでの最高速にチャレンジする。高速性能抜群のV?ストローム、アクセルを軽くひねるだけで150キロを超える。さらに160キロ、170キロ、180キロと速度を上げ、190キロを超えた。191キロか192キロぐらいまでは出たのではないか。V?ストロームは200キロ近い速度でもしっかりと路面をとらえ、安定した走りを見せてくれた。
 国道8号との合流点からは全車一団となってトゥワイゼルの町へ。シェルのGSで給油し、「マッケンジー・カントリーイン」に戻ってきた。
 日が暮れると「マッケンジー・カントリーイン」のレストランで夕食。ニュージーランドの最高峰、クック山を見た後なので気分は高揚し、ビールでの乾杯を繰り返した。
 クック山の周辺は年間降水量が4000ミリを超える多雨地帯。1年の半分近くは雨天という天候なので、クック山の全貌を見れたのは何ともラッキーなことだった。

クック山をバックに記念撮影
クック山をバックに走る


国道80号で最高速チャレンジ!
トゥワイゼルのシェルのGS


トゥワイゼルの町を走る
「マッケンジー・カントリーイン」に戻ってきた


「マッケンジー・カントリーイン」の玄関
夕暮れのトゥワイゼル


「マッケンジー・カントリーイン」の夕食


Comments

Comments are closed.

Scroll Up