カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[34]

投稿日:2012年11月15日

クック山が遠ざかっていく

3000メートル峰をバックに……

 ニュージーランドの最高峰、クック山(3754m)登山の拠点、アオラキ・マウントクック・ビレッジで折り返し、国道80号を走る。
 国道脇のパーキングにバイクを停めると、クック山をバックに記念撮影。クック山に雲はまったくかかっていない。クック山を中心にしたこの一帯には3000メートル峰が全部で19峰あるというが、それら3000メートル峰もよく見えた。
 記念撮影を終えると国道8号との分岐点までは各自のフリー走行。
 夕暮れ間近の国道80号はほとんど交通量がないことをいいことに、カソリはV?ストロームでの最高速にチャレンジする。高速性能抜群のV?ストローム、アクセルを軽くひねるだけで150キロを超える。さらに160キロ、170キロ、180キロと速度を上げ、190キロを超えた。191キロか192キロぐらいまでは出たのではないか。V?ストロームは200キロ近い速度でもしっかりと路面をとらえ、安定した走りを見せてくれた。
 国道8号との合流点からは全車一団となってトゥワイゼルの町へ。シェルのGSで給油し、「マッケンジー・カントリーイン」に戻ってきた。
 日が暮れると「マッケンジー・カントリーイン」のレストランで夕食。ニュージーランドの最高峰、クック山を見た後なので気分は高揚し、ビールでの乾杯を繰り返した。
 クック山の周辺は年間降水量が4000ミリを超える多雨地帯。1年の半分近くは雨天という天候なので、クック山の全貌を見れたのは何ともラッキーなことだった。

クック山をバックに記念撮影
クック山をバックに走る


国道80号で最高速チャレンジ!
トゥワイゼルのシェルのGS


トゥワイゼルの町を走る
「マッケンジー・カントリーイン」に戻ってきた


「マッケンジー・カントリーイン」の玄関
夕暮れのトゥワイゼル


「マッケンジー・カントリーイン」の夕食



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税