カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[33]

投稿日:2012年11月14日

万年雪を抱いたクック山が正面に大きく見えてくる

雲を突き抜ける山

 トゥワイゼルの「マッケンジー・カントリーイン」を出発。国道8号から国道80号に入り、ニュージーランドの最高峰、クック山へ。
 右手にはプカキ湖が見えてくる。湖越しに標高3754メートルのクック山を見る。
 プカキ湖の湖畔で我ら「ニュージーランド南島ツーリング」のメンバーの記念撮影を終えると、各自思い思いに、自分のペースでクック山に向かっていく。国道80号はクック山登山基地のアオラキ・マウントクック・ビレッジで行止りになるので、道を間違えることはない。
 クック山を中心とする一帯はアオラキ・マウントクック国立公園になっている。アオラキとはニュージーランドの先住民、マオリ族の言葉で「雲を突き抜ける山」を意味し、クック山のことをさしている。
 国道80号を離れ、小高い丘の上に我が相棒のスズキV?ストロームを停めると、正面にはクック山。V?ストロームとクック山の取り合わせに感動してしまう。
 小丘を駆け下ると、国道80号でクック山に向かって突っ走る。クック山はみるみるうちに大きな山の姿になって正面に立ちふさがってくる。
「おー、これぞニュージーランド南島ツーリング!」。
 国道80号の終点、アオラキ・マウントクック・ビレッジに入っていく。ここにはビジターセンターや宿泊施設がある。
 ビジターセンターのクック山周辺の地図を見ていると、目はその北西を走る国道6号に釘付けになった。
 クック山は急勾配の角度で海に落ち込んでいくが、その一帯はウエストランド国立公園に指定され、クック山の氷河がいくつも点在している。その中でも代表的なのがフォックス氷河とフランツ・ジョゼフ氷河の2つの氷河。国道6号からわけなく氷河を歩けるという。
 無性に氷河の上を歩きたくなり、
「よーし、次の機会には、ぜひともこの2つの氷河に行ってみよう!」
 と、ニュージーランドを旅しながら、もうすでに次の「ニュージーランド南島ツーリング」に想いを馳せるカソリだった。

プカキ湖の向こうにクック山が見える
プカキ湖の湖畔で記念撮影


雲の上に突き出たクック山
V?ストロームとクック山


左端にひときわ高く聳えるクック山
クック山に向かって突っ走る!



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税