カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[32]

投稿日:2012年11月13日

歴史的建造物のカワラウ橋から谷底へジャンプ!

バンジージャンプ発祥の地

 ニュージーランド南島のリゾート地、クイーンズタウンから国道6号を行き、カワラウ渓谷に到着。我々は国道脇の駐車場にバイクを止めた。
 ここはバンジージャンプ発祥の地で、観光地になっている。バンジージャンプの受付をする「カワラウ・バンジーセンター」にはバンジージャンプの歴史が展示され、売店もある。「バンジー」は英語のニュージーランド訛りで「ゴムひも」を意味するという。
 バンジージャンプの料金は1人160ドル(約11000円)と高いので、見るだけにする。高さ47メートルのカワラウ橋からは「キャーッ!」という絶叫とともに、次々に渓谷へとジャンプしていく。飛び降りたところでボートに乗り移り、上に戻ってくる仕組み。飛び降りた老若男女は誰もが大興奮だ。
 このカワラウ橋は1880年にかけられたとのことで、ニュージーランドの歴史的な建造物になっている。
 バンジージャンプの見学を終えたところで1個5ドル(約345円)のビッグバーガーを食べ、カワラウ渓谷を出発。クロムウェルで国道6号から国道8号に入り北へと走る。リンディア峠を越え、さらに北へと走ると、正面にニュージーランドの最高峰、クック山(3754m)が見えてきた。
 トゥワイゼルの町に到着。今晩の宿「マッケンジー・カントリーイン」にチェックインすると、我々は全車一団となってクック山に向かった。さー、ニュージーランド南島ツーリング一番のハイライトシーンだ。目指せ、クック山!

国道6号のカラワウ渓谷に到着
「カワラウ・バンジーセンター」の内


バンジージャンプの順番を待つ人たち
ビッグバーガーを焼いている


1個5ドルのビッグバーガー
国道8号を北へ


国道8号のリンディア峠で小休止
トゥアイゼルの「マッケンジー・カントリーイン」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税