カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[31]

投稿日:2012年11月5日

ワカティプ湖の湖畔を走る

南島一番のリゾート地

 テアナウの夜明け。
 いつものように1時間ほどプラプラ歩き、「ビレッジ・イン」に戻ると朝食。
 7時朝食、8時出発なのだが、朝食を食べ終わって出発までには30分ほどの時間がある。この間がカソリの朝寝タイムで15分ほど眠る。この短い眠りがじつに気持ちいい。
 気分すっきり、さっぱりでテアナウを出発。テアナウに来たときとは逆にラムズデンの町まで戻り、そこからは国道6号を北上していく。
 国道沿いのカフェで小休止。1杯のコーヒーを飲みながらの、みなさんとの歓談が楽しい。同じ体験をしている者同士なので話がはずむ。
 国道6号をさらに北上し、ニュージーランド南島一番のリゾート地、クイーンズタウンに向かっていく。
 ワカティプ湖の湖岸をV?ストロームで走る。
「くわーっ、たまらん!」
 ワカティプ湖の抜けるような青さ、吸い込まれそうになるほどの青さ。
 ワカティプ湖は氷河湖で面積は293平方キロ。ニュージーランドでは3番目に大きな湖で、日本でいえば東北一の大湖、猪苗代湖を3倍にしたくらいの大きさがある。最大水深は378メートル(日本で一番深い田沢湖は423m)。クイーンズタウンの町はこのワカティプ湖の湖畔に広がっている。
 国道6号のフランクトンの町に到着。クイーンズランドはT字の交差点を左に行ってすぐのところにある。さすが南島一番のリゾート地だけあって、クイーンズランドへの道は渋滞している。クライストチャーチを出発して以来、初めて見る渋滞だ。T字の交差点を右折し、そのまま国道6号を行ったところにあるGSで給油したが、ここも大混雑。ニュージーランドは夏のバカンスの真っ最中だ。

夜明けのテアナウ
町歩きを終えて「ビレッジ・イン」に戻る


ここが我々の泊まった部屋
「ビレッジ・イン」の朝食


国道6号沿いのカフェで小休止
カフェの前に停めた我々のバイク


カフェの前を通る国道6号
国道6号沿いの墓地


フランクトン手前のロータリー
国道6号の道標



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税