カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[30]

投稿日:2012年11月4日

テアナウ湖の高速船

ニュージーランドのホタル

 テアナウの「ビレッジ・イン」に戻ってきた。全員が戻ったところで歩いてテアナウ湖畔へ。湖岸の「リアル・ジャニーズ」に行き、高速船に乗って、対岸の「洞窟探検」に出発だ。高速船でのテアナウ湖横断が気持ちいい!
 テアナウ湖の西岸にある鍾乳洞は全長6・7キロ。相当の長さだ。洞窟内を川が流れている。そこにはグロウワームと呼ばれるツチボタルが生息しているという。日本のホタルとは違うとのことだが、「グロウワーム」といえば単に「光る虫」、味もそっけもないいいまわしだ。
 狭い洞窟なので小人数のグループに分かれてガイドの先導で洞窟内に入っていく。
 地底の滝や鍾乳石を見ながら歩き、その先は舟に乗って急流の川をさか登っていく。すると岩壁には無数の光。神秘的な光というよりも、電飾のイルミネーションを見るかのようだ。
 正直いって日本のホタルを見るときのような感動はない。洞窟内のツチボタルは飛び回る訳でもなく、まったく動かないからだ。
「あれって、イミテーションではないか」
 メンバー内からはそんなイミテーション説も出た。「洞窟探検」ツアーが終ったとき、思い切ってガイドに聞いてみると、洞窟内のすべての光は間違いなくツチボタルだという。ツチボタルは2枚羽の蚊に似た昆虫だという。
「ビレッジ・イン」に戻ると、レストランで夕食。この日は高田さんの誕生日。
「お誕生日、おめでとう!」
 と、ビールで乾杯だ。

テアナウの「ビレッジ・イン」
テアナウ湖畔の「リアルジャニーズ」


テアナウ湖の対岸へ
テアナウ湖の西岸


テアナウ湖の湖岸を歩く
「ビレッジ・イン」の夕食


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up