カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[29]

投稿日:2012年11月3日

国道94号でテアナウへ

峠のカソリ、ディバイドに立つ

 ニュージーランド南島ツーリングのハイライト、ミルフォード・サウンドのクルージングを終える、テアナウに戻っていく。来たときと同じ国道94号を走るので、帰路は各人が自由に走るフリー走行だ。
「峠のカソリ」はニュージーランド・アルプスの峠、ディバイドでV?ストロームを停めた。
「The Divide」は峠名というよりも単に「峠」。ニュージーランド南島の中央分水嶺の峠を意味している。似たような使い方の例としては、アメリカのロッキー山脈が上げられるかもしれない。ロッキー山脈の中央分水嶺の峠は「コンチネンタル・ディバイド」で総称されている。
 ニュージーランド・アルプスというのは「サザン・アルプス(南アルプス山脈)」のこと。南北に500キロほど連なる山脈で、平均高度は2100メートル。3000メートル峰が何峰もあり、3764メートルのクック山が最高峰になっている。
 サザン・アルプスを越える峠は限られ、主な峠としては北からいうと、国道7号のレイウイス峠、国道73号のアーサー峠、国道6号のハースト峠ぐらいしかない。
 ところで国道94号の峠、ディバイドは人気のトレッキングコース、「ルートバン・トラック」のテアナウ側の起点になっている。峠には詳しい案内図が出ている。全長32キロのコースで途中には4ヵ所の山小屋があり、一般的には2泊3日で歩くという。反対側の起点はルートバーン・シェルター。クイーンズタウンの町から73キロ、車で1時間30分ほどの距離だという。
 ディバイドにV?ストロームを停めている間に日本人グーループの登山者たちが到着し、峠の駐車場で待ち構えていたマイクロバスに乗り込んだ。いつかは歩いてみたい「ルートバーン・トラック」だ。
 ディバイドを下った谷間には一面にラベンダーが咲いていた。
 まさに「ハーブの谷」といったところで、国道を離れ、草原にV?ストロームを停めた。するとハーブの香りがどこからともなく漂ってくる。一瞬、夢でも見ているかのようなたまらない気分になる。天然防虫剤のハーブのおかげで草原では虫にやられることもなかった。
 こうしてミルフォード・サウンドから120キロを走り、まだ日の高いうちにテアナウの町に戻った。

「ルートバーン・トラック」の起点
「ルートバーン・トラック」の入口


「ルートバーン・トラック」の案内図
谷間一面にラベンダーの花が咲いている


ラベンダーの花
国道94号を快走!


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up