カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[27]

投稿日:2012年11月1日

国道沿いの駐車スペースにV?ストロームを止める

似ているようでずい分と違う

 信号が変ったところで、ニュージーランド・アルプスのダーラン山脈を貫くホーマートンネルに入っていく。全長1219メートル。中は暗い。トンネルを抜け、ミルフォード・サウンドに下っていく途中の駐車スペースでV?ストロームを停めた。
 そこでメンバー全員の記念撮影。しばらくはダーラン山脈の山岳風景を眺めた。
 ホーマートンネルを走り抜け、こうしてV?ストロームを止めると、1996年の「オーストラリア2周」が思い出されてならなかった。
 オーストラリアとニュージーランドは近いようでいて遠い。似ているようでいてずい分と違う。一番の違いはこのトンネルといってもいい。
 オーストラリアには大陸の東側を南北に走る大分水嶺山脈がある。ゆるやかな山並みで山脈を越える峠はすべて山上を越えていく。峠を貫くトンネルは1本もないのだ。
 1996年の「オーストラリア2周」ではシドニーを拠点にして、スズキDJEBEL250XCで7万2000キロを走った。
「ロード編」、「オフロード編」のオーストラリア2周を終えてシドニーに戻ったとき、一度もトンネルを走っていないことに気がついた。
 そこでオーストラリアのロードマップのすみずみまで目を通し、ついにニューサウスウエルス州に「サンドストン・トンネル」というトンネルをみつけた。
 すぐさまシドニーを出発。
 国道31号のヒューム・ハイウェーで120キロほど走ったミッタゴンという町まで行き、そこからナッタイ国立公園に入っていく。ダートを10キロほど走ると目指すサンドストン・トンネルがあった。名前通りのトンネル。やわらかな砂岩を掘り抜いたトンネルで長さは20メートルほどでしかない。これが「オーストラリア2周」7万2000キロを走って出会った唯一のトンネルなのだ。
 ついでにいえば、オーストラリアの最高峰は大分水嶺山脈のスノーウィー山脈にあるコシウスコ山で標高2230メートル。ニュージーランドの最高峰、標高3754メートルのクック山よりもはるかに低い。

ダーラン山脈を突き抜けるホーマートンネル
2000メートル級の山々が間近に迫る


ホーマートンネルを抜け出た風景
国道94号はミルフォード・サウンドへと下っていく


メンバー全員で記念撮影



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税