カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[26]

投稿日:2012年10月31日

残雪から流れ落ちる幾筋もの滝

ニュージーランド・アルプスへ

「ビレッジ・イン」のレストランで朝食を食べ、テアナウを出発。国道94号で世界遺産のミルフォード・サウンドに向かっていく。ミルフォード・サウンドまでは120キロほどだ。
 テアナウの町を出ると、テアナウ湖に沿って北上。湖を左手に見ながら走る。
 この道ではスピード違反の取り締まりをよくしているというので、前方に注意を払い、V?ストロームの速度を落として走った。幸いスピード違反で捕まることもなかった。
 テアナウ湖の湖岸を離れると、エグリングトン川に沿ってニュージーランド・アルプスの山中に入っていく。ミラー湖を過ぎたところが、人気のトレッキングコース、「ミルフォード・トラック」の起点だ。
 さらに登り、その名も「ディバイド」という峠にさしかかと、そこは「ルートバーン・トラック」の起点になっている。テアナウから85キロ。バスに乗ってやってきた登山者を何人も見る。
 ディバイドを越える山々は高く険しくなり、谷は深くなり、やがてホーマートンネルにさしかかる。トンネルは信号による一方通行。信州の和田峠の旧道のようなものだ。
 ここではけっこう待たされた。
 すぐ近くまで迫る山々には真夏だというのにたっぷりと雪が残っている。残雪からは幾筋もの滝が流れ落ちていた。

朝食のトーストとコーンフレーク、オートミール
朝食のホットミールは目玉焼きとベーコン、焼きトマト


ニュージランド・アルプスの山中に入っていく
山中のダートを走る!


ホーマートンネルにさしかかる
ホーマートンネルでは信号待ち


手の届きそうなところに残雪


Comments

Comments are closed.

Scroll Up