カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[26]

投稿日:2012年10月31日

残雪から流れ落ちる幾筋もの滝

ニュージーランド・アルプスへ

「ビレッジ・イン」のレストランで朝食を食べ、テアナウを出発。国道94号で世界遺産のミルフォード・サウンドに向かっていく。ミルフォード・サウンドまでは120キロほどだ。
 テアナウの町を出ると、テアナウ湖に沿って北上。湖を左手に見ながら走る。
 この道ではスピード違反の取り締まりをよくしているというので、前方に注意を払い、V?ストロームの速度を落として走った。幸いスピード違反で捕まることもなかった。
 テアナウ湖の湖岸を離れると、エグリングトン川に沿ってニュージーランド・アルプスの山中に入っていく。ミラー湖を過ぎたところが、人気のトレッキングコース、「ミルフォード・トラック」の起点だ。
 さらに登り、その名も「ディバイド」という峠にさしかかと、そこは「ルートバーン・トラック」の起点になっている。テアナウから85キロ。バスに乗ってやってきた登山者を何人も見る。
 ディバイドを越える山々は高く険しくなり、谷は深くなり、やがてホーマートンネルにさしかかる。トンネルは信号による一方通行。信州の和田峠の旧道のようなものだ。
 ここではけっこう待たされた。
 すぐ近くまで迫る山々には真夏だというのにたっぷりと雪が残っている。残雪からは幾筋もの滝が流れ落ちていた。

朝食のトーストとコーンフレーク、オートミール
朝食のホットミールは目玉焼きとベーコン、焼きトマト


ニュージランド・アルプスの山中に入っていく
山中のダートを走る!


ホーマートンネルにさしかかる
ホーマートンネルでは信号待ち


手の届きそうなところに残雪


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税