カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[23]

投稿日:2012年10月28日

国道94号でテアナウへ。カソリ号のV?ストローム

500キロ超の移動も楽々

 ラムスデンの町を出発。すぐに分岐にさしかかるが、クイーンズタウンに通じる国道6号は右へ。我々は直進し、国道94号を行く。
 国道94号は世界遺産にも登録されているフィヨルドランド国立公園の玄関口、テアナウの町からミルフォード・サウンドへと通じている。
 国道94号沿いには大牧場がつづく。ニュージーランドというと羊の牧場を連想するが、最近は羊よりも乳牛、肉牛の牧場が優勢になっているという。
 20時、ラムスデンから80キロのテアナウに到着。この時間でもまだ十分に明るい。
 オアマルを8時に出発したので12時間かけてテアナウに到着したことになる。走行距離は564キロ。なにしろ道が良くて交通量の少ないニュージーランドなので、500キロ超を走ったとは思えない。300キロぐらいを走った感覚だ。
 町の入口のカルテックスで給油し、我々の泊まる「ビレッジ・イン」へ。ここは開拓時代の町を再現したかのような造り。まずはレストランで夕食。焼肉のバイキング。ぶ厚い肉が食べ放題。
 グラスビールを次々におかわりしながら、
「もうダメだ…」
 というまで肉をたら腹食べた。
 なんという贅沢。日本で食べる1年分の肉を食べたかのようだ。
 夕食後はほろ酔い気分で暮れなずむ町を歩き、テアナウ湖の湖畔に出た。この湖はニュージーランド南島最大。湖を吹き渡る風は冷やっとするほどの冷たさだった。

ラムスデンの道標
テアナウに到着


テアナウのカルテックスで給油
テアナウの「サブウエー」


テアナウの「ビレッジイン」に泊まる
「ビレッジイン」の中庭にバイクを停める


「ビレッジイン」のレストランで夕食


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税