カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[15]

投稿日:2012年10月20日

「オアマルストーン」の建物群

オアマルストーンで知られる町

 ティマルから国道1号を南下し、オアマルへ。太平洋沿いの道だが、海は見えない。カンタベリー平野は途切れ、丘陵地帯が迫ってくる。我がV-ストロームはゆるやかなコーナーのつづく道を快適に走り抜けていく。じつに高速走行が気持ちいい。
 ワイタキ川を渡り、15時、オアマルに到着。クライストチャーチからオアマルまでの走行距離は289キロ。町の郊外にある「ハイフィールド・ミューズ・モーテル」に泊まる。
 モーテルから中心街まではメンバー全員でプラプラ歩いていく。
 オアマルは町の近郊で産出される石灰岩の「オアマルストーン」で知られているが、中心街にはそのオアマルストーンで造られた旧郵便局やナショナル・バンク、セントルーク教会などの歴史的な建造物が残されている。
 オアマルの町にとどまらず、ニュージーランドの各地でオアマルストーンで造られた歴史的な建造物が見られる。

オアマルに到着
我がV-ストローム


オアマルで見る太平洋
オアマル郊外の住宅街


「ハイフィールド・ミューズ・モーテル」に泊まる
オアマルの中心街



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税