カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[3]

投稿日:2012年10月8日

ホテル近くの公園

135ヵ国目の国に降り立つ

 シンガポールのチャンギ空港でSQ(シンガポール航空)297便に乗り換え、19時45分に出発。ニュージーランド南島のクライストチャーチに到着したのは翌12月30日の10時30分。シンガポールからの飛行時間は9時間45分。日本とは4時間の時差があるので、日本時間では4時30分になる。中部国際空港を飛び立ってから18時間後のことだ。
 クライストチャーチの空港に降り立ったときは、新たな国にやってきた喜びが胸にこみ上げてくる。ニュージランドはぼくにとって初めての国。135ヵ国目になる。
 入国の手続きを終えると、空港内の両替所で1万円を両替。144ドル50セントになった。1NZドルは約69円。さっそくターミナルビル内の自販機のコカコーラを飲んだ。600mlが3ドル50セント(約240円)だった。
 空港からはマイクロバスで市内へ。
 ニュージランドは左側通行。ロータリーの交差点が多い。速度制限は100キロ。町中に入ると50キロになる。
 我々の泊まるホテル、「シャトー・オン・ザ・パーク」に到着。部屋に荷物を入れると、さっそくホテルの周辺を歩く。気温は15度。南緯43度のクライストチャーチは雲っているので、真夏とはいえ肌寒い。
 ニュージランド南島最大の町、人口38万人のクライストチャーチは2011年2月22日、M6・1の地震に直撃され、185人の死者を出した。町は壊滅状態になっているのではないかと不安だったが、空港から市内への道沿いではまったく地震による被害は見られなかったし、ホテル周辺でも地震による被害は見られず、「これならば大丈夫だな」とひと安心した。

シンガポールのチャンギ空港を出発
シンガポール航空の機内食


ニュージランド南島のクライストチャーチに到着
空港ターミナルビル内の自販機


クライストチャーチのホテル「シャトー・オン・ザ・パーク」
ホテル前の通りを歩く


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税