カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ニュージーランド南島ツーリング[1]

投稿日:2012年10月6日

東海道新幹線に乗ってニュージーランドへ!

東海道新幹線に乗ってニュージーランドへ!

道祖神の頼もしいスタッフ海野さん

「環日本海ツーリング」につづく「道祖神」のバイクツアー、「賀曽利隆と走る!」の第16弾目は「ニュージーランド南島ツーリング」だ。
 2011年12月28日、ヘルメットを持ち、デイパックとショルダーバッグといういつもの格好で神奈川県伊勢原市の家を出る。
 ニュージーランド南島の中心地、クライストチャーチには中部国際空港からシンガポール経由で飛ぶので、我が家からはまずは列車旅だ。伊勢原から小田急線で小田原に出、そこで東海道新幹線に乗り換えて名古屋へ。
 小田原発16時09分の「ひかり519号」に乗ったが、車中で「道祖神」の海野和久さんに落ち合う。今回は「道祖神」のバイクツアーデスクのキャップ、海野さんが同行してくれるのだ。
 さっそくカンビールをプチューッと開けて、流れゆく車窓の風景を眺めながら海野さんと話す。これがたまらなく楽しい時間だ。
 海野さんは道祖神にとっては重要な戦力なのだが、その経歴はじつにおもしろい。バイク大好きな海野さんは、大学を卒業するとスズキ、ホンダ、ヤマハ、カワサキのバイクメーカー4社の入社試験を受け、スズキに入った。ちゃんとは聞かなかったが、ホンダ、ヤマハ、カワサキは落ちたのかもしれない。
 人生、なかなか思い通りにはいかないもので、スズキでは2輪への配属ではなく、4輪に配属された。バイク大好きな海野さんにとっては、きっとそれが気にくわなかったのだろう、入社1年後にスズキを辞めて旅に出た。ユーラシア大陸を横断し、イギリスでバイクを買い、ヨーロッパ中をまわった。
 1年以上の旅を終えて日本に帰ると、今度は8年以上、ANAの旅行社で仕事をし、そのあと道祖神に移った。そんな海野さんなので、道祖神でのバイクツアーの仕事は天職のようなもの。17時21分、名古屋着。カンビールを飲みながら海野さんの話を聞いていると、あっというまに名古屋に着いたという感じだ。
 名古屋からは名鉄の「ミュースカイ」で中部国際空港(セントレア)へ。中部国際空港からの出国は初めてなので胸がワクワクする。その夜は中部国際空港前の「東横イン」に泊まった。夕食は「東横イン」に隣接した「しゃぶしゃぶダリ」。そこで海野さんと生ビールを飲みながら「牛しゃぶセット」を食べた。生ビールをクイクイ飲み干すほどに、夢はニュージーランドへと飛んでいく!

小田原の駅前を歩く
東海道新幹線に乗ってニュージーランドへ!


名鉄の名古屋駅
名鉄の「みゅースカイ」入線


名古屋駅を出発
中部国際空港駅に到着


夕食の「牛しゃぶセット」
中部国際空港駅前の「東横イン」


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up