カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[138]番外編

投稿日:2012年8月1日

韓国往復縦断2005(7)

日本海屈指の都市へ目覚ましい発展を遂げていた

 束草の市場歩きはつづく。
 キムチ売場は迫力満点。何種ものキムチが並ぶ。「さすがキムチの国!」と思わせる光景だ。塩辛売場もすごい。塩辛のことをチョッカルといっているが、アミの塩辛やイカ、ホタルイカ、エビ、カニなど多種多様。この塩辛はキムチ作りにも欠かせない。明太子も売っている。本場の明太子だけあって色艶がいい。思わずひと切れ取って、熱いご飯の上にのせて食べたくなった。なお明太(ミョンテー)といえば、スケトウダラのことである。海草売場では海苔が目だっている。そのほかワカメやモズクが見られたが、コンブは目に入らなかった。鮮魚売場で一番目につくのはタチウオだ。そのほかサバやタラ、スケトウダラ、タイ、イシモチ、イワシ、カレイ、ヒラメ、カツオ、ニシン、イカ、タコ、カニ、エビなどが並んでいる。貝売場ではアワビやアサリ、ハマグリ、アゲマキなどが見られた。こうして束草の市場を歩くと、「日本海の海の幸」を強く感じるのだった。
 市場歩きを終えると、手動の渡し舟にのって対岸に戻った。
 昼まではまだ時間があったので束草の町をプラプラ歩いた。
 束草の中心街には高層ビルが建ち並び、郊外にも高層住宅が建ち並んでいる。この束草には1973年の「韓国一周」でやって来た。当時は「日本海の寒村」といった程度の町でしかなかったが、今では「日本海屈指の都市」に変貌している。
 束草は名峰、雪岳山の玄関口になっているし、周辺には何ヵ所もの海水浴場があるし、さらに温泉や湖もある。今や束草は韓国有数の国際的な観光都市。観光が束草を急速に発展させた大きな理由なのであろう。

束草の市場を歩く
キムチが並ぶ


アミの塩辛
明太子がうまそう!


干し魚
サバとタチウオ


鮮魚売場


活きたカニ
活きたイカ


アワビ
渡し舟に乗って対岸に戻る


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税