カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[129]番外編

投稿日:2012年7月23日

ソウル→北朝鮮2001(2)

朝鮮半島横断

 2001年6月2日午前8時、BMWのR1150RTに乗って、ソウルのオリンピック記念公園に行った。そこが「北朝鮮ツーリング」の出発点。BMWやハーレーなど、全部で13台のバイクが集合した。ウィルソンさん、フリンガーさん、カソリの3人の外国人のほかに10人の韓国人が参加している。彼らは韓国内のバイククラブの会長やバイク誌の編集長だという。
 オリンピク記念公園前でのセレモニーの後、大勢の見送りやテレビカメラの中継の中を走り出したときは、ふと「パリ・ダカ」の出発シーンが目に浮かんだ。
 1982年、冒険家の風間深志さんと2人だけの「チーム・ホライゾン(地平線)」を結成して参戦したときは、パリのコンコルド広場が出発点だった。大観衆で埋めつくされたシャンゼリゼ通りを走り抜け、凱旋門をぐるりと回ってパリ郊外に出たが、そんな20年前を思い出させるようなソウル出発のシーンだった。
 ソウルから日本海の港、東海港を目指してR1150RTを走らせる。そこからバイクを船に積んで北朝鮮の長箭港に渡るのだ。
 国道6号で漢江沿いに走り、北漢江と南漢江の合流点からは南漢江に沿っていく。
 R1150RTは車体の大きさと重さが気になったが、走るほどに慣れていった。
 国道6号→国道42号→国道38号というルートで朝鮮半島を横断し、夕方、太白に着いた。ここは太白山脈の山中にある町だ。
 市庁舎で太白市長の歓迎を受けたあと、パトカーに先導されて市内をひと回りする。そのあと焼肉店で夕食。みなさんと和気あいあいで話しながらの楽しい夕食だ。
 その夜は太白郊外の「ヒル・ハウス」という洒落たホテルに泊まった。韓式のオンドルの部屋。布団をそのまま床の上に敷く。畳と床、このあたりが日韓の違いだ。
 翌日は太白近郊に申さんが総力を上げて建設中のサーキトを見学する。
「テベック・シン・ジュヨン・サーキット」。
 完成すれば韓国初の国際級サーキットになるという。
 太白から日本海の東海へ。
 国道38号で太白山脈を下っていく。R1150の車体の大きさ、重さにはもうすっかり慣れていたので、急勾配、急カーブの山道をスイスイ走り抜けていった。
 こうして朝鮮半島を横断し、ソウルから366キロ走って日本海の東海港に到着した。


より大きな地図で ソウル→北朝鮮2001 を表示

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税