カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[112]

投稿日:2012年7月6日

気宇壮大な気分にさせてくれる海峡名

 ウラジオストクの「アジムットホテル」にチェックインすると、すぐさまホテルを出発し、ウラジオストク探訪を開始。「アジムットホテル」は海を見下ろす高台に建つホテルだが、まずはその海を見下ろした。
 ウラジオストクは日本海のピヨトール大帝湾の奥に位置しているが、前にもふれたように、ムラビエフ・アムールスキー半島の先端部に町は出来ている。半島は海を2つの湾に分けているが、東側がウスリースキー湾で西側がアムールスキー湾になる。
「アジムットホテル」前から見下ろす海は西側のアムールスキー湾になる。
 もうすこしウラジオストクの地形をいうと、ムラビエフ・アムールスキー半島の先端に鍵型に切れ込んだ海が金角湾で、そこにウラジオストク港がある。対岸はルースキー島。半島と島の間の海峡は東ボスポラス海峡になる。

ムラビエフ・アムールスキー半島


 ボスポラス海峡といえばトルコのアジアとヨーロッパを分ける海峡だが、それにちなんでこの海峡を東ボスポラス海峡とした。地球を手玉にとるような、気宇壮大な気分にさせてくれる海峡名ではないか。サハリンとロシア本土の間の、訳のわからないタタール海峡よりはよっぽどいい。
「アジムットホテル」からはアムールスキー湾の海岸に下り、遊歩道を歩いていく。海辺の公園を抜けるとヨットやボート専用の小港に出る。そこの岸壁では何人かの人たちが釣りをしている。岸壁の突端に立つと、アムールスキー湾対岸の中国国境、北朝鮮国境へとつづくロシア本土がよく見えた。

「アジムットホテル」を出発
アムールスキー湾の小港


岸壁を歩く
岸壁で釣りをする人たち


海岸の観光施設



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税