カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[105]

投稿日:2012年6月29日

カフェで味わうロシアの家庭料理

 ハバロフスクからウラジオストクに通じるM60(国道60号)沿いのガソリンスタンドでは、スズキの650でシベリア横断中のロシア人ライダーに会った。わずかな時間でしかなかったが、カタコトの英語をまじえての彼との会話は心に残った。
 ウラジオストクに向かって走り去っていく若きロシア人ライダーを見送ったあと、我々もM60を南下していく。
 中国国境の町、ダリネレチェンスクに近づいたところで昼食。国道沿いのカフェに入った。「カフェ」はロシアツーリングではきわめて重要。文字通り、コーヒーを飲んでひと休みするところだが、ここはレストランをも兼ねている。
「15人分」
 と聞いてカフェの女主人は「さー、困った」という顔をしたが、我々のガイドの東さんがうまく女主人をまるめ込んでくれたおかげで全員、昼食にありつけた。
 女主人は15人分のボルシチと7人分のピロシキ、8人分の肉料理を用意してくれたのだ。
「いただきまーす!」
 ボルシチも肉料理もロシアの家庭料理の味がした。

M60を南下。ウラジオストクを目指す
ここで昼食


ボルシチ
マッシュポテトとビーンを添えた肉料理


Comments

Comments are closed.

Scroll Up