カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[103]

投稿日:2012年6月27日

アムール川に別れを告げ、シベリアを南下する

 ハバロフスク出発の朝。
 夜明けとともに起き、ロシア正教のウズベンスキー教会前の広場から石段を下り、アムール川の河畔を歩いた。アムール川の上空には大きな月が浮かんでいた。
「これが最後だ!」とアムール川の流れをしっかりと目に焼きつけ、「ホテルインツーリスト」に戻り、バイキング形式の朝食を食べた。
 8時、出発。
 ハバロフスク市内のガソリンスタンドで給油し、ウラジオストクに通じるM60(国道60号)を南下。2車線の舗装路で交通量はけっこう多い。
 ビッグバイクに乗ったツーリングライダーも見かける。荷物満載の「シベリア横断中」を思わせるバイクともすれ違った。

ハバロフスクの夜明けの教会
夜明けのアムール川


大きな月がアムール川の上空に浮かんでいる


「ホテルインツーリスト」の朝食
ウラジオストクに通じるM60


 ビッグバイクでのツーリングライダーを見ると、ロシアでのこの10年あまりでの経済的な発展を強く感じた。2002年の「ユーラシア横断」ではツーリングライダーを見ることはほとんどなかった。
 ところでM60は「ハバロフスク→ウラジオストク」間の幹線国道だが、ウラル山脈以東のシベリア横断ルートは東麓のチェラビンスクから日本海のウラジオストクまではM51→M53→M55→M58→M60と5本の国道でつながっている。
 M51は「チェラビンスク→ノボシビルスク」、M53は「ノボシビルスク→イルクーツク」、M55は「イルクーツク→チタ」、M58は「チタ→ハバロフスク」、そしてM60が「ハバロフスク→ウラジオストク」になる。
 シベリアにはもう1本、M56がある。
 M56はスコボロディーノでM58と分岐し、ヤクーツクを通り、オホーツク海のマガダンに至るルート。いつの日か走破したいルートだ。
 それにしてもロシアという国がいかにシベリアをおろそかにしてきたかが、これらM51からM60を見ればよくわかる。ウラル山脈以東の広大なシベリアには幹線国道はこれだけしかないのだ。そのシベリア横断国道にしても、全線が開通したのはつい最近のことでしかない。
 同じロシアでもウラル山脈以西のヨーロッパ側になると、首都モスクワを基点にして放射状の幹線国道が四方八方に伸び、国土の10分の1にも満たないエリアに幹線国道が網の目状に張りめぐらされている。
 2002年の「ユーラシア横断」では、ウラル山脈を境にしてのアジア側ロシアとヨーロッパ側ロシアのあまりの違いを見せつけられた旅でもあった。


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税