カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[73]

投稿日:2012年5月24日

午後2時が夕方、そして翌朝2時へと出港が伸びた

「ホルムスク探訪」を終えてホルムスク駅に戻ってきた。するとロシア本土のワニノ港に向かうフェリーの出港はさらに遅れ、夜になるという。
 時刻表などあってなきがごとしなので、出港時間はあてにならないと覚悟していたが、ここは日本とはあまりにも違う世界。最初は午後2時頃の出港だと聞いていたが、それが夕方になり夜になった。ほんとうに夜に出るか、それも疑問だ。
 我々は急きょ、フェリー埠頭近くの「ホルムスクホテル」に入った。
 ホテルの駐車場にバイクを停めると、歩いて船会社に行く。そこでは10枚近い書類に1人づつサインをする。大仕事になった。

ホルムスクホテル
ホルムスクホテル前の道


船会社でバイクの手続き
船会社の窓から見る港湾施設


フェリー埠頭への入口
フェリー埠頭入口の古びた建物


 それを終えるとホルムスク駅のカフェで夕食。オランダ製ビールで乾杯。そのあとスープとライスボール&チキンの夕食を食べた。
 ホルムスク駅からは夕暮れのホルムスク港を見ようと、目抜き通りのソビエツカヤ通りを歩く。大通りに面してホルムスク郵便局がある。ここが稚内の「九人の乙女の碑」の舞台になった真岡郵便電信局跡。昭和20年(1945年)8月20日、真岡は旧ソ連軍の猛攻を受けた。戦火の中、最後まで真岡郵便電信局を死守した9人の女性電話交換嬢はもはやこれまでと、「みなさん、これが最後です。さようなら…」の言葉を残し、青酸カリを飲んで集団自決した。
 我々日本人が絶対に忘れてはいけないのは、旧ソ連軍は8月15日の終戦以降、日本領樺太に攻めてきたということだ。これが昔も今も変らないロシアの体質。戦後日本の最大の幸運は北海道が旧ソ連に占領されなかったことだ。もし北海道が旧ソ連に占領されていたら、歯舞、色丹、国後、択捉の北方四島と同じように、戦後60余年たっても日本に返還されることはなかった。
 ホルムスク港を一望する港公園まで行く。そこで明かりの灯りはじめた港を見ていると、日本人グループのライダーがやってきたことを聞きつけて、ホンダのアフリカツインに乗ったロシア人ライダーのオレッグが来てくれた。しばし英語を交えてのバイク談義を楽しんだ。
「ホルムスクホテル」に戻ると、ワニノ行きのフェリーの出港はさらに遅れ、夜明けになるという。そこでホテルでひと眠りして、真夜中の2時起床ということになった。ホルムスクからワニノにフェリーで渡るのは大変なことだ。青森から津軽海峡フェリーで函館に渡るようなわけにはいかない。

ホルムスク港のフェリーターミナル
オランダ製ビールで乾杯!


スープにはオクロップ
ライスボール&チキン


ホルムスクの郵便局
夕暮れのホルムスク港



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税