カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[71]

投稿日:2012年5月22日

日本海の北端をここに定める

 ホルムスク峠(熊笹峠)を下って、サハリン西岸では最大の港湾都市、ホルムスク(真岡)の町に入っていく。ホルムスクの人口は5万人でサハリン第2の都市になっている。
 我々はホルムスク駅前でバイクを停めた。
 ここは正確にいうとホルムスク北駅。ホルムスクにはもうひとつホルムスク南駅があるが、今は使われていないようだ。このホルムスク北駅とホルムスク南駅の間にロシア本土のワニノの渡る鉄道連絡船の出るフェリー埠頭がある。
 我々はバイクともどもこのフェリーに乗ってワニノに渡るのだ。
 フェリーは1日1便。出港は夕方だという。
 ホルムスク駅構内のカフェでパンとスープ、ジャガイモと豆を添えた肉料理の夕食を食べたあと、バイクでホルムスクの南へ、日本海の海岸まで行ってみる。

ホルムスク駅に到着
ホルムスク駅の待合室


パン
スープ


肉料理


 フェリー埠頭前を通り、ホルムスク南駅前を過ぎると跨線橋で線路をまたぐ。
 この鉄道はサハリンの西海岸を縦貫する西部本線で南はネベリスク(本斗)からシャフタに通じている。稚内と姉妹都市になっているネベリスクは戦前、稚内から稚斗連絡船の出ていた港町。稚内と大泊(コルサコフ)を結ぶ稚泊航路の連絡船は1日2便で、稚内と本斗を結ぶ稚斗連絡船は1日1便だったという。
 そんな西部本線の跨線橋の上からは旧王子製紙真岡工場がよく見える。
 1991年の「サハリン南部周遊」ではホルムスク港に上陸したが、そのときは王子製紙の工場がそのまま使われ、工場からは黒い煙が立ち登っていた。今は煙突から煙は立ち登っていないが、その一部はまだ使われているようだ。
 王子製紙の工場はオホーツク海側の敷香(ポロナイスク)工場が最大で、2000年の「サハリン縦断」の時にはまだ王子製紙の工場がそのまま使われていた。
 サハリンの西海岸では、ホルムスクの北の野田(チェーホフ)と泊居(トマリ)、それと恵須取(ウグレゴルスク)に王子製紙の工場があった。このように王子製紙は日本時代の樺太に大きな足跡を残している。

旧王子製紙真岡工場
工場の脇を西部本線が通っている


廃墟となった工場
ネベリスクに通じる西部本線の線路


 旧王子製紙の工場前を走り過ぎ、しばらく行くと舗装路は切れ、ダートに突入する。
 海をすぐ右手に見る地点で我々はバイクを停め、ここを「日本海最北の地」とした。
 新潟からホルムスクまで日本海に沿って走ってきたが、日本海の境界は別に線が引かれている訳でもないので、どこまでが日本海なのか、特定するのは難しい。
 日本国内では津軽半島最北端の龍飛崎と北海道最南端の白神岬を結ぶ線が境になっている。北海道とサハリン間では日本最北端の宗谷岬とサハリン最南端のクリリオン岬を結ぶ線が境になっている。
 稚内港から乗ったフェリー「アインス宗谷」は日本海の稚内港を出港し、宗谷海峡を越え、オホーツク海側のコルサコフ港に入港した。
 難しいのは北端だ。
 日本海の北端はタタール海峡(間宮海峡)との境ということになるが、タタール海峡の南端がどこであるかを見極めるのが非常に難しい。そこで我々はホルムスクをタタール海峡の南端とし、ホルムスクからネヴェリスクに向かって見た初めての海を最北の日本海とした。
「ここが日本海の一番北!」
 と高揚した気分で狭い砂浜を歩き、その記念だとばかりに岸辺に浮かぶ日本海最北のコンブをむさぼり食った。
 地球をガブリとかみしめるような味がした。

「みなさーん、ここが最北の日本海ですよー!」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税