カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[58]

投稿日:2012年5月5日

なつかしのメンバーとも再会、出発準備は完了

 稚内に戻ると、ガソリンを満タンにし、そのあと洗車。たんねんに洗った。
 サハリンのガソリンは質に問題アリとのことで、タンクには目一杯入れた。また入国時の放射能チェックは相当、厳しいということで、これでもか、これでもかというぐらいに高圧でDRを洗浄した。これで準備完了だ。
 今晩の宿、稚内港の「氷雪荘」に行く。
「氷雪荘」には「環日本海ツーリング」に参加するメンバーが次々にやってくる。
 総勢13名。
 その中には新保さんがいる。新保さんとは2002年の「ユーラシア横断」を皮切りに、2003年の「アラスカ縦断」、2004年の「南部アフリカ」、2004年?2005年の「サハラ縦断」、2005年の「韓国縦断」、2007年?2008年の「南米・アンデス縦断」、2009年の「チベット横断」を一緒に走っている。今回は愛車のバハを駆っての参加だ。
 竹口さんとは「南部アフリカ」、「サハラ縦断」、「南米・アンデス縦断」、「チベット横断」、新谷さんとは「韓国縦断」、河守さんとは「チベット横断」を一緒に走っている。
 なつかしの篠塚さんとも再会。篠塚さんは2000年の「サハリン縦断」に参加したのだが、何と稚内出発当日、バイクのエンジンが突然かからなくなり、そのままバイクを置いてサハリンに渡ったという悲劇の主人公。「今回はリベンジですよ」といっている。
 紅一点の大堀さんは前年の道祖神ツアーでサハリンを走っている。
「シルクロード横断」、「南米・アンデス縦断」を一緒に走った小林さんはひと足先にサハリンに渡り、我々とはコルサコフ港で合流することになっている。
 多士済々の「環日本海ツーリング」のみなさんと南稚内の「雑魚や」に行き、前夜祭の宴会開始。ここは稚内市役所の渡辺さんオススメの店。その日は日曜日にもかかわらず、渡辺さんのおかげで店を開けてくれた。
「これが日本食の食べ納め!」
 とばかりに、我々はおおいに飲み、おおいに語りながら新鮮な北海の幸の数々を食べ尽くした。
 稚内港の「氷雪荘」に戻ると、ちょうどうまい具合に花火大会が始まった。
 夏の夜空を彩る花火を見上げながら夢はサハリンへ、ロシア沿海州へと飛んでいった。

稚内の中心街に戻ってくる
ガソリンスタンドで満タンにする


「氷雪荘」の駐車場で。DRよ、頼むぞ!
「雑魚や」で宴会。ここは最高!


稚内港の花火大会



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税