カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[55]

投稿日:2012年4月26日

東北の大名たちも往来した金山峠を越えて

 羽州街道の山形・宮城県境の金山峠を越え、宮城県側に入ったところには、「鏡清水」と呼ばれる湧き水がある。壷のような岩から湧き出る清水で、ここが白石川の源になっている。スズキのビッグボーイを停めると、「鏡清水」を手ですくって飲んだ。
 江戸時代の参勤交代では地元の上山藩をはじめ、山形県内の山形藩、天童藩、長瀞藩、新庄藩、庄内藩、松山藩、秋田県内の矢島藩、本荘藩、亀田藩、久保田藩、青森県内の津軽藩、黒石藩と全部で13藩の大名行列が金山峠を越え、羽州街道→奥州街道で江戸に向かっていった。
 そのとき大名行列の姫がこの峠の清水を鏡がわりに使ったので「鏡清水」と呼ばれるようになったのだという。
 金山峠を下ると国道113号に合流するが、宮城県内の羽州街道は「七ヶ宿街道」といわれている。湯原宿に始まり、峠田宿、滑津宿、関宿、渡瀬宿、下戸沢宿、上戸沢宿と7つの宿場がつづくからだ。
 白石川に沿ったそれらの7宿をひとつづつめぐった。
 滑津宿では白石川の「滑津大滝」を見、老舗のそば店「吉野家」で「もりそば」(700円)を食べた。次の関宿は七ヶ宿町の中心で、ここに町役場がある。次の渡瀬宿は白石川をせき止めた七ヶ宿ダムの七ヶ宿湖の湖底に沈んだ。下戸沢宿と上戸沢宿の2宿は国道113号と分かれた県道46号沿いにある。
 これら七ヶ宿街道の7宿を過ぎると宮城・山形県境の小坂峠に到着。ここには峠の茶屋があるが残念ながら店は閉まっていた。峠にビッグボーイを停めると、赤い鳥居が立ち並ぶ参道を歩き、万歳稲荷神社を参拝した。
 小坂峠を越えて福島県に入る。峠下の小坂宿を過ぎ、桑折宿の追分へ。ここで奥州街道と合流。羽州街道は青森の油川宿から桑折宿まで60宿の街道だ。
「油川宿→桑折宿」の羽州街道を走り終えると、福島飯坂ICで東北道に入り、磐越道経由でいわきへ。いわき市内をまわったあといわき勿来ICで常磐道に入り東京に戻った。
 往路が奥州街道編、復路が羽州街道編の「東北一周」が終った。

七ヶ宿街道の湯原宿
湯原宿の本陣跡


七ヶ宿街道の峠田宿
峠田宿の町並み


滑津宿の滑津大滝
滑津宿の「吉野屋」


「吉野屋」の「もりそば」
七ヶ宿街道の下戸沢宿


宮城・福島県境の小坂峠
小坂峠の万歳稲荷を参拝


小坂峠下の小坂宿
桑折宿の追分。羽州街道は左



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税