カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[51]

投稿日:2012年4月22日

奥州街道、本州最北の三厩宿で折り返す

 国道4号で岩手県に入ると、奥州街道の最初の宿場、一関から前沢、水沢と通っていく。一関宿と前沢宿の間が平泉になる。
 世界遺産の登録されたばかりの岩泉では高館に立ち、「夏草や兵どもが夢の跡」の芭蕉句碑を見、そのあと中尊寺の金色堂を見てまわった。
 平泉では今回、疑問がひとつ解消されたかのような気分。
「奥の細道」で芭蕉は一関の旅籠に泊まり、平泉の高館、金色堂と見てまわってその日のうちに一関に戻っている。平泉は「奥の細道」の中でも重要な舞台で、「奥州編」では最北の地になっている。そんなこともあって、何で平泉に泊まってゆっくりとこの地をまわらなかったのだろう…という疑問を感じていたのだ。
 だがこうして奥州街道の宿場をめぐってみると、その理由は平泉は奥州街道の宿場ではないので、旅籠もなく、泊まれるようなところがなかったからではないかと推測できた。
 金崎、黒沢尻(北上)、花巻、石鳥谷と通り盛岡へ。
 盛岡を過ぎると奥州街道の宿場は渋民、沼宮内とつづくが、渋民宿では「啄木記念館」を見学した。沼宮内宿を過ぎたところでは北上川の源の湧水まで行った。
 そして国道4号の最高所、十三本木峠(中山峠)を越えた。峠下が小繋宿。国道4号脇のJR東北本線の小繋駅でビッグボーイを停め、ひと休みしていると、バイクが1台、やってきた。何とヤマハのFZ750に乗るホリゴメさん。「300日3000湯」では何度となく出会ったホリゴメさんは、
「ツーリングマップルにサインをもらいたくて」
 と、仙台から一気にここまでやってきた。
『ツーリングマップル』の最新版にサインすると、
「これから仕事なんですよ」といって仙台に戻っていった。胸にジーンとくるホリゴメさんとの出会いだ。
 一戸、福岡(二戸)、金田一と通り、青森県に入る。
 岩手県内の奥州街道の宿場は全部で16宿になる。

盛岡駅前
北上川の源


ホリゴメさんとの出会い


 青森県最初の宿場は三戸。三戸城址を歩いたあと五戸、七戸、野辺地を通って青森へ。ここまでの青森県内の宿場は全部で10宿になる。
 奥州街道はさらに北へ、津軽半島の三厩へとつづき、さらに津軽海峡を渡り、蝦夷の松前が終点になる。そのため「松前街道」と呼ばれることが多い。
 青森の次が油川。ここで奥州街道と羽州街道の東北の2大街道は分岐する。
 油川からは蓬田、蟹田、平舘、今別と通り三厩へ。千住宿から116宿目の三厩宿には「松前街道終点の地」碑が建っている。「源義経渡道の地」碑も建っている。
 悲劇のヒーローの源義経は平泉の高館で死んだのではなく、弁慶とともに北に逃げ、三厩から蝦夷に渡ったという。そんな「義経北行伝説」が東北の各地に残されている。三厩には義経寺もある。
 三厩からは国道339号を走り、津軽半島最北端の龍飛崎に立ち、日本海側の小泊を通り、五所川原経由で青森に戻った。

三戸城址を歩く
野辺地の常夜灯


野辺地で食べた「帆立刺身定食」
青森駅前に到着


松前街道の松並木
奥州街道の終点、三厩


龍飛崎の灯台
青森駅に戻ってくる


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up