カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[45]

投稿日:2012年4月16日

山が海に迫る険しい海岸線が連続する

 酒田駅に戻ってきた。ここからは羽越本線でさらに日本海を南下していく。
 13時03分発の村上行きに乗車する。
 2両編成のディーゼルカー。車内はガラガラ。おまけにボックスシートなので車窓の風景を存分に見られる。
 酒田を出ると最上川の鉄橋を渡り、余目、鶴岡と通り、羽前大山を過ぎると平野から山地に入っていく。三瀬を過ぎると日本海が見えてくるが、山が海まで迫っているのでトンネルが連続する。
 小波渡、五十川、温海温泉と日本海の駅に停まり、14時28分、鼠ヶ関に到着。ここが山形県最後の駅になる。
 鼠ヶ関を過ぎると新潟県に入り、府屋、勝木と通り、列車は日本海の景勝地、笹川流れを行く。水平線上には粟島が見えている。ここも山々が海に落ち込んでいるのでトンネルが連続する。笹川流れの中心、桑川を過ぎ、下海府から上海府へ。海岸線を鉄路と平行して国道345号が走っている。
 次第に海に迫る山並みがゆるやかになり、三面川を渡り、15時17分、列車は終点の村上に到着した。

酒田駅に戻ってくる
村上行きの列車


鼠ヶ関駅
新潟県に入る


日本海の海岸を行く
府屋駅


水平線上に粟島を見る
笹川流れの中心、桑川駅


村上駅に到着


Comments

Comments are closed.

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税