カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[38]

投稿日:2012年4月9日

ゆきちゃーん、ご馳走さま!

 岩見沢駅では15時35分発の小樽行きに乗り換える。3両編成の電車。札幌を過ぎると快速になる区間快速の「いしかりライナー」だ。
 岩見沢を出ると江別を通り、札幌近郊の町々を通り過ぎて16時18分、札幌に到着。札幌駅からは地下鉄南北線で平岸駅へ。そこには「ゆきちゃん」が出迎えに来てくれていた。なつかしの再会。その美貌には少しの衰えもない。

岩見沢駅
小樽行きに乗る


札幌に到着!
札幌駅


地下鉄南北線の平岸駅
平岸の交差点


「カソリさん、どう、アタシの美脚!」
 といわんばかりのカラフルな超ミニ姿。
「ゆきちゃん」とは嬉野夕起子さんのことで、バイク誌にもしばしば登場する女性ライダー。抜群の行動力で日本所狭しと駆けめぐっている。「日本一周」をもう何回したことか。本職は指圧師で「東日本大震災」の被災地に駆けつけ、ずいぶんとボランティア活動もした。
 ゆきちゃんの新婚旅行はタンデムでの「日本一周」。タンデムというと男性が女性を後ろに乗せることが多いが、嬉野家の場合は逆で、ゆきちゃんが旦那を後ろにのせた。その旦那というのは人気テレビ番組「水曜どうでしょう!」の嬉野ディレクター。
「ねー、カソリさん、聞いてよ。最近、うちの亭主はかなり有名で、知らない人に、えー、嬉野ディレクターの奥さんですかっていわれるのよ…」
 と、ちょっと不満そう。
 平岸のゆきちゃんの家に案内された。
 いやー、すごいぞ。
 テーブルにはゆきちゃんの手料理がズラズラズラッと並んでいる。さっそく遠慮なくいただいた。ビール、ワイン、日本酒…とつがれるままに飲み干していく。
 ヤバイ。あっというまに足腰がふらつくほど酔ってしまった。札幌からは夜行急行で青森に向かうというのに…。途中からはもうそんなこともどうでもよくなって、ゆきちゃんとおおいに飲み、おおいに語り合った。
 ゆきちゃんと初めて出会ったのは2003年。道祖神のバイクツアー「賀曽利隆と走る!」第9弾の「南部アフリカ・ツーリング」に参加してくれたのだ。
 我々はナミビアのウインドフックを出発点にし、アフリカ大陸最南端のケープ・アグラスを目指した。
 灼熱のナミブ砂漠越えでは、はてしなくつづく砂丘地帯を走った。その途中、ゆきちゃんは時速100キロ以上のスピードで舗装路のギャップにはまり、そのまま吹っ飛んだ。大変な事故だった。
 道祖神の菊地さんはすぐに軽飛行機をチャーターするとゆきちゃんを乗せ、ナミブ砂漠のド真中からウインドフックに飛び、ヨーロッパ系の病院に運び込んだ。その処置がきわめて迅速だったので、ゆきちゃんは足を切断しないですんだ。その後は奇跡の回復ぶりで、なんと我々のゴール、ケープタウンの空港に松葉杖をついて来てくれたのだ。このときばかりは気丈なゆきちゃんも涙を流していた。
 嬉野家のアルコールをあらかた飲み尽くしたところで平岸駅へ。ゆきちゃんとは固く握手をして別れた。
 ゆきちゃーん、ご馳走さま!
 ふらつく足で札幌駅に戻ると、22時発の青森行き急行「はまなす」に間に合った。
 さらにラッキーなことに2両、連結している寝台車にも乗れた。

ゆきちゃんの手料理の数々をいただく
青森行き急行「はまなす」に乗る


「はまなす」の最後尾
「はまなす」に連結された寝台車


Comments

Comments are closed.

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税