カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[37]

投稿日:2012年4月8日

函館本線に入り車両もスピードが上がる

 旭川では改札口を出て駅前通りを歩き、「ラーメン食堂NOBU」という店で「醤油ラーメン」(650円)を食べた。こってり系の醤油ラーメン。旭川ラーメンに満足して旭川駅に戻り、13時41分発の普通岩見沢行きに乗った。

旭川駅前
旭川駅前通り


「ラーメン食堂NOBU」で昼食
こってり系の醤油ラーメン


旭川駅に戻ってくる
すっかり新しくなった旭川駅


 3両編成の電車。ここからは函館本線になる。
 高架の旭川駅を出ると近文、伊納と通り、神居古潭はトンネルで抜けていく。
 電車は上川盆地から石狩平野に入ると一段とスピードを上げる。宗谷本線の1両のディーゼルカーに比べると、目のまわるような速さだ。
 滝川、砂川、美唄と通り、15時22分、岩見沢に到着。
 ホームには「ばん馬」像。
「ばん馬」とは馬車や橇を引かせる馬のことで、競走馬のサラブレッドとは対照的な骨太の馬だ。

札幌行きの特急「スーパーカムイ26号」
普通列車の岩見沢行きに乗り込む


石狩平野を南下
滝川駅


砂川駅
岩見沢駅に到着


岩見沢駅ホームの「ばん馬」像


 今から30余年前の「30代編日本一周」では、その「ばん馬」を走らせる「ばんえい競馬」を北見競馬場で見た。ガッチリした体格のばん馬に重い橇を引かせ、登り下りのある200メートルほどのコースを走るというもの。
 各馬がいっせいにスタートすると、北見競馬場の場内はものすごい熱気に包まれた。コースの途中には2つの丘があるのだが、登り坂で止まってしまう馬が続出する。橇の上に乗った騎手は鞭を振りまくる。観衆も大声援を送る。それは北海道の開拓時代を彷彿とさせるものだった。
 当時(1978年)は北見のほか、旭川と岩見沢、帯広で開催されていた。それで岩見沢駅のホームに「ばん馬」の像があるのだろう。
 現在では「ばんえい競馬」は帯広のみとなってしまったが、岩見沢駅の「ばん馬」像を見ていると、あのときの競馬場全体を揺るがすような熱気がよみがえってくるのだった。

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税