カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[35]

投稿日:2012年4月6日

日本最北の水田地帯にさしかかる

 音威子府の町を歩き、道北の大河、天塩川の流れを見て、宗谷本線の音威子府駅に戻ってきた。旭川行きの1両編成の列車は、(当然のことなのだが)まだ、そのまま停車していた。
 音威子府に到着したのは8時40分。1時間以上停車して9時53分に発車した。

音威子府駅に戻ってきた
音威子府を出発


 音威子府、咲来の次が天塩川温泉。ここはなつかしの駅だ。
 天塩川温泉に入ろうと、天塩川温泉駅には真冬にやって来た。吹雪の雪道を歩き、天塩川にかかる橋を渡った。天塩川は一面に氷結し、わずかな氷の割れ目から川の流れが見えた。橋の上から見下ろしたその光景は、今でもしっかりと目の底に残っている。
 天塩川を見下ろす高台上の天塩川温泉の湯に入ったのだが、次の列車は5時間後なので、もうゆでダコ状態で長湯した。途中、食堂で「音威子府そば」の昼食を食べ、またしてもその後、ゆでダコ状態で長湯した。そんな天塩川温泉がなつかしく思い出された。
 美深に近づくとジャガイモ畑が見えてきた。いよいよ畑作地帯に入ったのだ。

ジャガイモ畑が見えてくる
牧草のロールがいくつも見える


なつかしの紋穂内駅
美深近郊の風景


畑がより広くなっていく
北星駅


 美深駅の2つ手前が紋穂内駅。ここもなつかしの駅。もう20年以上も前のことになるが、函館から列車で稚内まで行ったことがある。その時の目的はただひとつ、車窓から稲田を見ることだった。
 旭川を中心とする上川盆地は北海道でも有数の稲作地帯、塩狩峠を越えた名寄盆地も稲作地帯になっていたが、最後の稲田をこの紋穂内駅近くで見たのだ。それにしても驚かされたのは亜熱帯の作物の「稲」を亜寒帯の世界で作っているということだ。日本人の稲作への執念をこのときみせつけられた。
 列車は美深駅を過ぎ、天塩川の谷間を抜け出ると名寄盆地に入っていく。名寄駅のひとつ手前、日進駅の周辺には広々とした水田が広がっていた。
 10時54分、名寄駅に到着した。

名寄盆地に流れ込む名寄川


名寄の家並み
名寄の町に入っていく


名寄に到着
名寄駅



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税