カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[34]

投稿日:2012年4月4日

雄大な北海道の風景が車掌に広がる

 宗谷本線の旭川行き1両編成のワンマンカー(ディーゼル)は6時24分、稚内駅を定刻通りに出発。乗客はぼく1人。次の南稚内駅で2、3人乗ったが、車内はガラガラだ。
 南稚内駅を過ぎると日本海が見えてくる。列車は海岸段丘上を走るので長く延びる海岸線を見下ろせた。日本海の向こうには利尻島。利尻富士(1719m)のつんと尖った山頂が目に残る。丘陵の斜面はクマザサで覆いつくされている。クマザサの風に哭く音が聞こえてくるよう。「稚内→函館」間で日本海を見たのはこの時だけだ。
 列車は抜海、勇知、兜沼…と各駅に停まっていく。車窓には道北の広大な牧草地が広がっている。
 7時09分、豊富温泉のある豊富に到着。豊富を過ぎると車窓の風景は日本離れした雄大なものとなり、地平線が見える。このあたりはサロベツ原野の東端になる。線路沿いの樹木は南東に向かっておじぎをするように傾いている。日本海から吹きつける北西の季節風のせいなのだろう。

稚内駅を出発
抜海駅


車窓には広大な牧草地が広がる
勇知駅


幌延駅
列車は道北の荒野を疾走!


 7時25分、幌延に到着。幌延を過ぎると列車は道北の大河、天塩川に沿って走る。川の両岸には牧場がつづく。広々とした牧場には乳牛が見られる。羊の姿も見える。
 南幌延、問寒別、天塩中川…と天塩川沿いの駅に停まっていく。
 天塩中川駅はなつかしの駅。「鈍行乗り継ぎ日本一周・温泉めぐり」で駅近くのぽんぴら温泉に入った。
 8時40分、音威子府に到着。ここでは1時間以上、停車時間があるので列車を降りる。駅構内には真っ黒な色をした「音威子府そば」の立ち食い店があるが、残念ながらまだ閉まっていた。駅舎を出て国道40号沿いの町並みを歩き、悠々と流れる天塩川を眺めた。

道北の大河、天塩川が見えてくる
問寒別駅


ぽんぴら温泉のある天塩中川駅
音威子府に到着


音威子府の駅前旅館
音威子府の町並みを貫く国道40号


国道40号と国道275号の分岐点
音威子府を流れる天塩川


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税