カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[30]

投稿日:2012年3月13日

サハリンへと繋がる稚内港に到着

 天塩を出発。道道106号で北海道第2の大河、天塩川を渡り、稚内を目指して一直線の道を行く。交通量は極少。スズキDR-Z400Sのエンジン全開で突っ走る。道道106号は超快走路。
 北緯45度線を越え、天塩町から稚内市に入る。稚咲内漁港でDRを停め、日本海に浮かぶ利尻島を眺めた。道道106号も「日本海絶景ルート」だ。

道道106号で天塩川を渡る
一直線に延びる道道106号


北緯45度線の石碑
花畑の向こうに日本海が広がっている


 抜海を過ぎた分岐では道道106号から道道254号に入り、さらに日本海の海岸線を行く。
 日本最北の温泉、稚内温泉「童夢」(入浴料600円)の湯に入り、野寒布岬に立った。岬には北海道一のノッポ灯台。野寒布岬からは波静かな宗谷湾岸を走り、稚内港に到着だー!
 北海道遺産にもなっている北防波堤ドームでDRを停め、稚泊航路の記念碑を見た。

日本最北の温泉、稚内温泉「童夢」
野寒布岬のノッポ灯台


野寒布岬から見る日本海
野寒布岬から稚内へ


稚内港の北防波堤ドーム


稚内港の稚泊航路の記念碑


 稚泊航路というのは、大正12年(1923年)に鉄道省によって開設された稚内と旧樺太の大泊(現コルサコフ)を結ぶ航路で、日本の北への交通の動脈になっていた。昭和20年(1945年)に閉鎖されるまで300万人の乗客を運んだという。稚泊航路のほかに稚内と本斗(現ネベリスク)を結ぶ稚斗航路もあった。
 稚内市は現在、このコルサコフ、ネベリスクの両市と友好都市の提携を結んでいる。
 稚泊航路の記念碑の立つ岸壁から1991年、ロシア船に乗り、バイクともどもサハリンに渡った。最初はコルサコフ(旧大泊)に行くといっていたのに、船が宗谷海峡に出ると、急きょ、行き先はホルムスク(旧真岡)に変わった。ホルムスクに上陸すると、ロシア側の車に先導されてサハリンの州都、ユジノサハリンスク(旧豊原)に行き、そこを拠点にしてサハリン南部をまわった。
 さらにその10年後の2000年には稚内からコルサコフに渡り、サハリンを縦断。サハリン最北端のエリザベート岬が見える地点まで行った。
 今回の「環日本海ツーリング」でも、稚内からサハリンに渡るのだ。


Comments

Comments are closed.

  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2017年6月11日
       10:00〜14:00(予定)
     前夜祭 10日18:30〜
      ※前夜祭は会費5,000円
      (要事前申込)
    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町
    ツーリングマップル東北7E-1
    今年も賀曽利隆のトークショーを開催予定。
    詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税