カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[28]

投稿日:2012年3月11日

ニシンと炭鉱で栄えた羽幌の歴史をなぞる

 留萌市小平の「旧花田家番屋」を出発し、国道232号を北へ。左手の日本海を見ながらスズキDR-Z400Sを走らせる。
 苫前町に入り、苫前温泉「ふわっと」(入浴料500円)の湯に入る。大浴場と露天風呂は若干のにごり湯で、ともに塩分の濃い湯。露天風呂からは日本海の海岸線を一望!

苫前温泉「ふわっと」
苫前の海岸。風力発電の風車が見える


 苫前町から羽幌町に入ると、つづいて羽幌温泉「サンセットプラザはぼろ」(入浴料500円)の湯に入った。大浴場と露天風呂はにごり湯で塩分を含んだ濃い味がする。
 湯から上がると郷土資料館を見学。かつての羽幌を支えたニシン漁と羽幌炭鉱の展示を見てまわる。ここでのニシン漁の最盛期は明治30年代の後半。その後、ニシン漁は盛衰を繰り返し、昭和36年以降、ニシンはまったくその姿を消してしまった。
 羽幌炭鉱は良質炭で知られていたが、昭和45年に閉山。1万人近くもいた炭田関連の人たちは羽幌を離れ、日本各地に散っていった。

羽幌の中心街に入っていく
羽幌温泉「サンセットプラザはぼろ」の大浴場


羽幌港
羽幌港の漁船


羽幌港のフェリーターミナル
オロロン鳥の頭に止まっているカモメ


 羽幌の郷土資料館から羽幌港へ。その一角に焼尻島、天売島に渡る「羽幌沿海フェリー」のターミナルがある。そこには海鳥の島、天売島のシンボル、オロロン鳥の像が建っている。その頭に止まっているカモメの姿がユーモラスだ。
 そんなオロロン鳥の像を見ていると、「島めぐり日本一周」(2001年?2002年)のときに渡った焼尻島と天売島が懐かしく思い出されてくるのだった。

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up