カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[26]

投稿日:2012年3月9日

寂しさが漂う留萌港の今を見る

 増毛から国道231号で留萌へと、スズキDR-Z400Sを走らせる。左手には日本海、右手には増毛山地の山並みを眺めながらの走行だ。増毛山地の最高峰、暑寒別岳(1492m)が大きく見えている。
 留萌に到着。中心街を走り抜け、留萌駅前でDRを停めた。自販機のカンコーヒーを飲みながら、駅前の留萌の案内図を見る。こうして駅前まで行き、その町の案内図を見るのがぼくは好きなのだ。
 留萌ではまず、留萌川河口近くの黄金岬に行く。そこには「波濤の門」と彫り刻まれた石塔が建っている。その周辺は岬公園。東屋風の休憩所もある。DRを停めると、日本海を見ながら岬突端の岩礁地帯を歩いた。

留萌駅前に到着
駅前の留萌の案内図を見る


留萌の町を走る
黄金岬へ


黄金岬の石塔
黄金岬突端の岩礁地帯


 次に留萌川河口の留萌港へ。ここはかつての石炭積出港。留萌近くの大和田炭田の石炭は馬車で港まで運ばれ、ここから船で本州に送られた。明治43年の「深川?留萌」間の留萌線開通後は、空知炭田の石炭も留萌港から本州に送られた。
 その石炭も廃れ、今の留萌港には寂しさだけが漂っていた。
 留萌も増毛同様、かつてはニシン漁で栄えた。
 その歴史は古く、寛延3年(1750年)にはニシン漁場の「留萌場所」ができたという。留萌場所は「千石場所」と呼ばれたほどの好漁場で、ニシン漁は江戸後期から昭和20年代の後半までつづいた。ニシンは留萌に限りない繁栄をもたらしたのだ。
 しかしそれ以降、ニシンはパッタリ獲れなくなってしまったが、今でも「留萌の数の子」は有名だ。それはかつての留萌を支え、留萌に繁栄をもたらしたニシン漁の名残といえる。

留萌港の岸壁


留萌川河口の留萌港
留萌港から見る日本海


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税