カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[24]

投稿日:2012年3月7日

北海道一の大河、石狩川河口の荒野を駆け抜けて

 夜明けとともに札幌を出発。時間は4時過ぎだ。
 国道231号で北海道一の大河、石狩川を渡ると、国道を離れ、堤防上の道を走る。
 堤防の尽きたところでダートに突入。スズキDR-Z400Sを走らせ、石狩川河口一帯の荒野を駆け抜けた。
 石狩川の河口まで行くとDRを停め、そこで日本海(石狩湾)を眺めた。

夜明けの国道5号で札幌を離れる
石狩川の河口から見る日本海(石狩湾)



国道231号を北へ!
国道の左手には日本海が広がる


日本海で漁をする小船


 国道231号に戻ると北へ。日本海沿いの道になる。海岸には長い砂浜がつづく。
 左手に広がる大海原を眺めながら走っていくと、前方には山並みが見えてくる。やがて断崖が海に落ちる険しい地形になり、雄冬岬に到着。
 安山岩や蛇紋岩などが高さ100メートル以上もある切り立った断崖をつくっている雄冬岬は、茂津多岬、神威岬とともに「蝦夷三険岬」といわれるほどの険しい岬だ。
 増毛山地の1000メートル級の山並みが、そのままストンと海に落ち込む雄冬海岸は長年、交通の大きな障害になっていた。この国道231号が開通したのは1981年のことでしかない。着工以来、23年の歳月をかけての完成だった。
 雄冬岬に近い雄冬漁港の岸壁にDRを停めた。
 雄冬漁港の周辺には雄冬の小集落がある。ここにはニシン番屋が残っていたほどで、かつてはニシン漁で栄えた。雄冬は国道231号が開通するまではまさに「陸の孤島」で、1日1便の増毛港に通う定期船が唯一の交通機関になっていた。
 山上の展望台に登り、そんな雄冬漁港と雄冬の集落を見下ろした。

雄冬岬に到着
雄冬漁港


雄冬の山上には展望台
雄冬に迫る山並み



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税