カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[21]

投稿日:2012年3月4日

花々が四季折々に咲き誇る積丹岬

 神威岬をあとにし、積丹半島最北端の積丹岬に向かう。国道229号から見る積丹半島北岸の海はきれいだ。「積丹ブルー」の日本海が広がっている。

積丹半島北岸の日本海。積丹岬が見えている


 余別の浜でスズキDR-Z400Sを停めたが、右手の海岸線はスーッと延び、その先に積丹岬が見える。左手にはつい先ほど立った神威岬。その先端の神威岩がはっきりと、大きく見えている。神威岩は目立つ大岩だ。
 国道229号から道道913号に入り積丹岬へ。
 積丹岬には道の行き止まり地点(ここには駐車場がある)まではDRで行き、そこからは山道を歩いた。岬の入口には「岬に咲く四季の花々」が写真入りで紹介されていた。
 エゾカンゾウ、エゾスカシユリ、オドリコソウ、オオヤマブスマ、ツリガネニンジン、クルマバソウ、コンロウソウ、ヤマハハコ、ハマベンケイソウ、エゾヤマハギ、アキグミ、ノブドウと。だが残念ながら季節が違うのか、それとも咲いていてもわからなかったのか、神威岬でも見たエゾカンゾウとハマナスが記憶に残った程度。
 秋にやってきたときはエゾヤマハギの花が山道を覆うようにして咲き、リンドウやナデシコの花が咲き、ススキの銀の穂波が風に揺れていた。

積丹岬の入口から見る風景
積丹岬の灯台


積丹岬のハマナスの花
ヤセ尾根となって海に落ちる積丹岬


 岬入口から40分ほど歩き、積丹岬に到達。そこには赤白2色の灯台が建っている。
 次に歩いて細道のトンネルを抜け、絶景の島武意(しまむい)海岸に出る。断崖の上から日本海の大海原を見渡した。

島武意海岸の断崖
島武意海岸の岩礁


島武意海岸から見る日本海
島武意海岸入口の食事処「りんこう」のメニュー。うまそー!


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up