カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[9]

投稿日:2012年2月21日

日本海とともに走るシーサイドルートR101

 能代からは国道101号を北上。秋田の大河、米代川を渡り、一面の水田地帯を走り抜けていく。日本海と出会う「鹿の浦展望所」でスズキDR-Z400Sを停める。そこからは南の能代方向へとつづく海岸線を一望だ。
 八森いさりび温泉「ハタハタ館」の前を通り、秋田・青森県境の須郷岬に到着。白神山地が断崖となって日本海に落ち込む須郷岬は絶景岬。高台上の展望台からは北に延びる日本海の海岸線を一望した。
 須郷岬からの青森県内の国道101号はすごくいい。日本海をたえず左手に見ながら走れるからだ。鉄道ファンに人気の五能線が国道に平行している。岩崎の町並みを通り抜けたところにある沢辺PAはオススメの展望スポット。日本海の海越しに、白神山地の山並みを見る。
 黄金崎では不老ふ死温泉(入浴料600円)に入った。まずは内風呂だ。湯は有味有色。塩分を含んだうす茶色をした湯につかる。つづいて待望の混浴露天風呂(女性専用もある)に入る。混浴とはいっても入浴客は自分一人。塩分の濃い黄土色の湯につかり、日本海の水平線を眺めた。

能代から国道101号を北上
「鹿の浦展望所」から見下ろす日本海の海岸線


秋田・青森県境の須郷岬からの眺め


国道101号の沢辺PAから見る白神山地の山並み
不老ふ死温泉の露天風呂


 黄金崎からは深浦漁港を通り、日本海の名勝、千畳敷では岩畳の上を歩き、北金ヶ沢の「日本一の大イチョウ」を見た。高さ31メートル、根回り22メートル、樹齢1000年以上という北金ヶ沢の大イチョウには妖精か何かが棲みついているかのようだ。それにしてもすごいではないか。日本海から吹きつける冬の季節風にも負けず、これだけの巨樹になったことに感動してしまう。
 こうして「日本海絶景ルート」の国道101号を走り、鰺ヶ沢に到着。鰺ヶ沢漁港の岸壁にDRを停めた。能代から鰺ヶ沢まではちょうど100キロだ。

深浦漁港
深浦海岸の大岩。ここには渡れる


深浦の日本海
国道101号を行く


日本海の名勝、千畳敷


千畳敷の鷲岩
鰺ヶ沢漁港



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税