カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[6]

投稿日:2012年2月18日

「おくのほそ道」に残された絶景に想う

 山形県から秋田県側に入る。
 日本海に沿って国道7号を走り象潟へ。
 象潟といえば芭蕉の「奥の細道」最北の地だ。

 江山水陸の風光を尽くして、今象潟に方寸を責む。酒田の港より東北のかた、山を越え、磯を伝ひ、いさごを踏みて、その際十里、日影やや傾くころ、潮風真砂を吹き上げ、雨朦朧として鳥海の山隠る。闇中に模索して「雨もまた奇なり」とせば、雨後の晴色またたのしきものと、あまの苦屋に膝入れて、雨の晴るるを待つ。その朝、天よくはれて、朝日はなやかにさし出づるほどに、象潟に舟を浮かぶ。まず能因島に舟寄せて、三年幽居の跡を訪ひ、向かうの岸に舟を上がれば、「花の上漕ぐ」とよまれし桜の老の木、西行法師の記念を残す。江上に御陵あり。神功皇后の御墓という。寺を干満珠寺という。この所に行幸ありしこといまだ聞かず。いかなることにや。この寺の方丈に座して簾を捲けば、風景一眼の中に尽きて、南に鳥海、天を支え、その影映りて江にあり。西はむやむやの関、道を限り、東に堤を築きて、秋田に通ふ道遥かに、海北にかまえて、波うち入るる所を汐越といふ。江の縦横一里ばかり、俤松島に通ひて、また異なり。松島は笑ふがごとく、象潟は憾むがごとし。寂しさに悲しみを加へて、地勢魂を悩ますに似たり。
  象潟や雨に西施がねぶの花
  汐越や鶴脛ぬれて海涼し

『おくのほそ道』

 芭蕉は「江山水陸の風光を尽くして」と、象潟を絶賛している。ここがまるで「奥の細道」のゴールといわんばかりの書き方で、象潟の描写にはひときわ熱が入っている。
 とくに印象深いのは干満珠寺から見た風景。
「この寺の方丈に座して簾を捲けば、風景一眼の中に尽きて、南に鳥海、天を支え、その影映りて江にあり。西はむやむやの関、道を限り、東に堤を築きて、秋田に通う道遥かに、海北にかまえて、波うち入るる所を汐越という」
 この1節は『おくのほそ道』を通しても一、二の名文だ。「むやむやの関」とあるのは「有耶無耶の関」のことである。
 スズキDR-Z400Sを走らせ、JR羽越本線の象潟駅前に到着。駅前の案内図には象潟が本当に潟だったころの「往古の象潟の図」が描かれている。

山形・秋田県境の三崎の海
三崎から北に延びる海岸線


JR羽越本線の象潟駅前に到着
象潟駅前の芭蕉句碑


象潟が潟だった頃の絵図


 次に蚶満寺に行った。この寺が芭蕉の時代の干満珠寺になる。境内には芭蕉像と絶世の美女、西施像が建っている。「象潟や雨に西施がねぶの花」にちなんだ西施像である。
 しかし残念ながら、今では『おくのほそ道』にあるような風景は見られない。象潟が潟でなくなってしまったからだ。
 文化元年(1804年)の「象潟地震」でこの一帯は隆起し、「江の縦横一里ばかり」とある潟が陸地になってしまった。蚶満寺の境内には舟つなぎ石が残されているが、それが当時は潟の岸辺にある寺だったことを証明している。またここからはポコッ、ポコッと盛り上がった小丘をいくつも見るが、それが当時の九十九島跡。今では稲田の中に浮かんでいる。
 このあと象潟の郷土資料館に行き、大地震以前の復元された象潟の模型を見たが、あらためて「残念…」という気持ちがわき上がってくる。
 芭蕉は「松島は笑うがごとく、象潟は憾むがごとし」
 といっているが、まさにそのとおりなのだ。
 松島は「奥の細道」ブームも手伝って、大震災後も押すな押すなの大盛況。瑞巌寺や五大堂などは、人をかきわけて歩くようだった。それにひきかえ、潟でなくなってしまった象潟はまるで忘れ去られたかのような存在で、訪れる人は少ない。
 松島と象潟は、何とも対照的な「奥の細道」のハイライト2地点なのである。

蚶満寺

芭蕉像
西施像


境内から見る九十九島跡
山門


本堂
芭蕉


芭蕉句碑
「舟つなぎ石」



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税