カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

環日本海ツーリング[2]

投稿日:2012年2月14日

SBS青山に再度のピットイン

 JR羽越本線の村上駅前を出発し、走り出したところで、またしてもDRのトラブルに見舞われた…。
 スピードメーターが動かなくなってしまったのだ。スピードメーターが動かなくても走行に何ら影響はない。だが、ぼくにとって大問題なのはトリップメーターとオドメーターの距離計が使えなくなることだ。
 すぐさま国道7号→日本海東北道→北陸道と走り、新潟西ICで高速道を降り、「SBS青山」に戻った。
「また戻ってきました…」
「SBS青山」の古俣社長は今度もまたすぐにDRを見てくれ、スピードメーターのケーブルが断線しているという。
 あいにくとパーツの在庫はなかったが、
「吉田さんのを使わせてもらいましょう!」
 という。
 吉田さんはスズキの新潟営業所の所長で、DR-Z400SMに乗っている。
 古俣社長にいわせると「S」と「SM」は同じパーツではないが、ちょっと手を加えれば使えるという。
 吉田さんのDRは長岡に置いてあるとのことで、古俣社長は吉田さんに電話をするなり、すぐさまご自身で車を飛ばし、長岡まで行ってくれた。
 奥様は、
「カソリさん、お昼はまだでしょ」
 といって弁当屋から弁当をとってくれた。何とも胸にしみる弁当の味。うまかった。

「SBS青山」でいただいた昼食の弁当
村上の中心街


「新潟?長岡」間は50キロ以上もあるのだが、古俣社長はほどなく戻ってきた。
「カソリさん、これも応急的な処置ですから」
 といって古俣社長は吉田所長のDR-Z400SMから取り外したスピードメーターを加工し、我がDR-Z400Sに取り付けてくれた。
 古俣社長、奥様、お店のみなさんに再度、見送られて出発。
「SBS青山のみなさーん、ほんとうにお世話になりました!」
 村上駅前に戻ると、村上の町中を走り抜け、国道345号を北上。
 左手の日本海を見ながらDRを走らせる。
「いやー、快調、快調!」
 日本でも有数の海岸美を誇る「笹川流れ」を間近に見ながら走る。「笹川流れ」の南半分は上海府、北半分は下海府といわれている。JR桑川駅のあたりが中心で、ここからは観光船が出ている。
 狐崎を過ぎたあたりで「笹川流れ」は終るが、海岸を抜け出たところでは勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」(入浴料350円)の湯に入った。大浴場と露天風呂。無色透明のやわらかな湯だった。

村上の日本北限の茶畑


村上から国道345号を行く
日本海に浮かぶ粟島


日本海の海岸線
「笹川流れ」の海岸美


勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」の湯に入る


Comments

Comments are closed.

Scroll Up