カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第209回 田代山林道

投稿日:2012年1月30日

2010年 林道日本一周 日帰り林道走破行

ロングダートを走破、572kmの日帰りツーリング

 安ヶ森林道のダート15・2キロを走り切り、国道352号に出ると、旧舘岩村(現南会津町)の中心、松戸原へ。小学校前の食堂「松葉屋」で昼食。会津名物の「ソースかつ丼」(850円)を食べた。
 さー、出発。
ビッグボーイに、
「行くぞ!」
 と声をかけて走り出す。
 松戸原からは湯ノ花温泉を通り、田代山林道に向かっていく。最奥の集落、水引を過ぎるとダートに突入。路面の良く整備された走りやすい田代山林道だ。
 ダート突入地点から11・4キロ地点で田代山への登山口に到着。人気の山だけあってそこには広い駐車場がある。田代山まで2・0キロ、約2時間の登山だ。
 田代山登山口から2・6キロ走ると、福島・栃木県境の田代山峠に到達。絶景峠で帝釈山脈の山並みを一望。正面には那須の連山が見える。
 田代山峠を越えて栃木県に入る。栃木県側は急ピッチで林道の整備が進み、舗装区間もできている。福島県側のダート距離は14・0キロ、栃木県側のダート距離は8・9キロ、合計22・9キロのダートを走り、舗装路に出た。そこは舗装林道、馬坂林道との分岐点。山神をまつる小さな祠がある。
 田代山林道出口から土呂部峠へ。峠から峠下の土呂部の集落に下り、鬼怒川沿いの青柳に出、栗山温泉「四季の湯」(入浴料500円)に入った。さっぱりしたところで大笹牧場まで登り、レストハウスでソフトクリームを食べた。高原の空気を胸いっぱいに吸い込みながら食べる大笹牧場のソフトクリームは美味だった。
 大笹牧場から今市へと下り、今市ICで日光道(日光宇都宮道路)に入り、17時、宇都宮ICに到着。東北道→首都高→東名で伊勢原の自宅に戻ったのは19時30分。
 15時間の「日帰り・林道走破行」での走行距離は572キロ。ビッグボーイよ、お疲れさま!

より大きな地図で 林道日本一周日帰り編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル関東甲信越 89→81→72

南会津→日光

昼食の「ソースかつ丼」
田代山林道のダートに突入!


田代山林道を行く
田代山の登山口


田代山登山の案内図
田代山の山頂までは約2時間


田代山峠に到達!
田代山峠の紅葉


田代山峠からの眺め
田代山峠を越えて栃木県に入る


栃木県側の田代山林道
栃木県側の田代山林道からの眺め


栗山温泉「四季の湯」の露天風呂
大笹山の大笹牧場


大笹牧場のソフトクリーム
宇都宮ICに到着!



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税