カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第207回 甲子鎌房林道

投稿日:2012年1月28日

2010年 林道日本一周 東北編2

313本目は、超ハード、超狭路のダートロード

 西部林道のダート13・2キロを走り切ると、鎌房林道を下り、阿武隈川上流の雪割渓谷に出た。そこには熊の供養塔。雪割橋のたもとにあるレストラン「カルミア」でコーヒーを飲み、ホッとひと息入れた。
 雪割渓谷にかかる雪割橋を渡り、国道289号に出ると甲子峠へ。全長4345メートルの甲子トンネルを抜け、いったん下郷の町まで下った。
 下郷で折り返し、今度は旧道を登り、標高1400メートルの甲子峠に立つ。絶景峠で奥会津の山並みを一望した。
 いよいよ難関の甲子鎌房林道のダートに突入。
 スズキDR-Z400Sに、
「頼む!」
 とひと声かけて走り出す。
 甲子鎌房林道は今回の「林道日本一周」では313本目の林道になるが、その中では群を抜いて難しい。超ハード、超狭路のダートを行く。
 鎌房山(1510m)の山頂直下を過ぎると甲子林道から鎌房林道になるが、路面はさらに一段と荒れてくる。大岩がゴロゴロしている下りでは、何度も吹っ飛ばされ、そのたびに転倒…。DRを起こすたびに体力を激しく消耗した。
 甲子鎌房林道はその前年にも走ったが、さらにラフな林道になっていた。
 8・3キロのダートを死ぬような思いで下り、さきほどの西部林道との分岐まで下ったときはDRを停めるなり、地面に大の字になってひっくり返った。
 そこからはさきほど走った道なので、ずいぶん楽に走れた。しかし難路との悪戦苦闘がつづき、腕の筋肉がパンパンに張っているので、DRを思うようには操れなかった。
 白河高原牧場の脇を走り、舗装路に出たときは救われるような思い。甲子鎌房林道のダート距離は西部林道とまったく同じ13・2キロだった。
 国道289号に戻ると新甲子温泉へ。
「ちゃっぽランド西郷」の湯に入る。入浴料はすでに夜間割引の時間帯になっているとのことで400円。大浴場の湯につかると、たんねんに転倒で痛めた箇所をさすり、全身の筋肉をもみほぐした。
「お〜、生き返った!」
 林道の後はやっぱり温泉だ。
 湯から上がるとレストランで夕食にする。
「カレーライス」(600円)を注文したが一口、口に入れたときは大衝撃を受けることになる。まるで食道が腫れあがったような感じで、飲み込むのが辛くなるほど。
「おー、きたきた!」
 と思った。
 これが蛇の「たたり」か…。
 奥西部林道で蛇を轢いてしまったが、その「たたり」が来たと思った。
 もう大粒の冷や汗がタラタラ流れ落ちる。「カレーライス」はあとまわしにし、まずは少しづつ水を飲む。やっと水を飲み込めるようになったところで長時間をかけ、カレーライスを少しづつ食べていく。半分以上食べたところで、やっと元に戻った。
「蛇さん、蛇さん、ゴメン!」
 と謝った。
 白河ICから東北道に入り、一路、東京へ。
 ゴールの東京・日本橋に到着したのは2010年9月10日22時30分。
 今回の「林道日本一周」をスタートさせたのは5月12日のことだった。
「西日本編」と「東日本編」の2分割でまわり、78日間で2万8208キロを走った。
 その間では全部で313本の林道を走破し、ダート区間の合計は2283・4キロになった。日本列島縦断分ぐらいのダート距離。我ながら実によくやったと自画自賛した。
「(こういうことができるのは)自分しかいないな!」
 と「林道のカソリ」、まだ人通りのある日本橋で吠えた。
 だが「林道日本一周」はまだ終らない。
 最後はビッグボーイでの「林道走破行」で締めくくるのだ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 8

西郷村→白河市→東京・日本橋

阿武隈川上流の雪割渓谷
雪割橋たもとの熊供養塔


国道289号新道の甲子峠
国道289号旧道の甲子峠


甲子峠からの眺め
甲子鎌房林道のダートに突入!


大荒れの甲子鎌房林道
下りになるとさらに大荒れ


新甲子温泉「ちゃっぽランド」の湯に入る
湯上がりの「カレーライス」


東北道の白河ICを出発
東京・日本橋に到着!


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up