カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第205回 唐沢林道

投稿日:2012年1月26日

2010年 林道日本一周 東北編2

蛇のたたりにおそれおののく

 奥会津の木賊温泉では民宿「若松屋」に泊まったが、翌朝は目を覚ますとすぐに混浴露天風呂の「岩風呂」の湯につかる。目の前を西根川が流れている。清流を眺めながら湯につかる気分はたまらない。
 湯から上がり、朝食のあとは「若松屋」のおかみさん、えみ子さんの入れてくれたコーヒーを飲みながらしばしの歓談。これが楽し〜い!
 さー、出発だ。
 スズキDR-Z400Sのエンジンをかけ、えみ子さんに見送られて走り出す。
 まずは手始めにダート1・9キロの唐沢林道で唐沢峠を越え、湯ノ花温泉に下る。
 旧舘岩村(現南会津町)の中心、松戸原で国道352号に出ると、中山峠を越え、国道121号に合流。
 国道121号を北へ、田島、下郷と通り、湯野上温泉へ。ここでは河原の混浴露天風呂(無料)の湯につかる。目の前を水量豊かな大川(阿賀川)が流れている。湯につかっているときはまだよかったが、湯から上がってからが大変、アブの猛攻を受けた。
 湯野上温泉からは国道118号を行く。天栄村に入ったところで右折し、二岐温泉へ。温泉への道は以前はダートだったが、今では全線舗装。二岐温泉では「湯小屋」(入浴料500円)の湯に入った。
 二岐温泉からは奥西部林道のダートに突入。林道沿いには豊かな樹林地帯がつづく。
 ゆるやかな峠を越える。
 峠を下っていく途中では、林道に寝そべっていた蛇を轢いた。木の枝と見間違えてしまい、避けられなかった…。
 今回の「林道日本一周」では何度も蛇に遭遇したが、初めて轢いてしまった。今までの体験から林道で蛇を轢くとかならず何か、たたりがある。それにおびえた。
 奥西部林道のダート3・0キロを走り切り、西部林道とのT字の分岐点に出る。そこでDRを停めたが、蛇を避けられなかったことを悔やんだ…。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 7→8→13→8

木賊温泉→湯野上温泉→二岐温泉

木賊温泉の朝湯に入る
木賊温泉を流れる西根川


木賊温泉の民宿「若松屋」の朝食
木賊温泉の民宿「若松屋」を出発


国道352号の中山峠
湯野上温泉の河原の露天風呂


二岐温泉「湯小屋」の湯
奥西部林道のダートに突入!


奥西部林道を行く
西部林道との分岐点に到着



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税