カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第204回 高沢馬形林道

投稿日:2012年1月25日

2010年 林道日本一周 東北編2

林道は無事走りきったのに、岩風呂でまさかの大転倒

 山寺からは山形・宮城県境の二口峠を越える二口林道に向かっていいく。
 宮城県側が通行止めなのはわかっていたが、山形県側は二口峠まで行かれるのではないかと期待した。この二口林道は宮城県側はダートで山形県側は舗装林道だ。
 スズキDR-Z400Sのエンジン音を響かせて狭路を登り、峠を目指したが、高沢馬形林道との分岐点にゲート。残念ながら二口峠までも行けなかった。
「おいおい、いったいいつになったら走れるようになるんだ!」
 と、万年通行止の二口林道には怒りの声を上げたくなるほどだ。
 気を取り直し、高沢馬形林道に入っていく。名無し峠を越える絶景林道。ダート距離は4・8キロと短いがおもしろく走れる林道だ。
 高沢の集落からは奥羽山脈の山中へと入っていく舗装林道を走ったが、稜線に到達することなく、途中で行止まりになった。
 高沢に戻ると、広域農道の「べにばなトンネル」を抜け、国道286号で山形に出る。
 山形からは国道13号で米沢へ。
 米沢からは国道121号で大峠を越えて福島県に入った。
 大峠を貫く大峠トンネルを抜け、2車線の快適峠道を下っていくと、その先は県道経由で喜多方に通じていたが、ついにこの分断区間の新道が開通。国道121号のま新しい舗装の2車線道を走って「蔵の街」喜多方に入っていった。
 18時、喜多方に到着。喜多方からは県道21号で会津板下へ。
 18時30分、会津板下に到着。
 会津板下からは国道252号→国道289号→国道401号→国道352号経由で奥会津の秘湯、木賊温泉を目指して一気に走る。
 21時、木賊温泉に到着。まずは混浴露天風呂の岩風呂(入浴料200円)に入る。目の前を流れる西根川のせせらぎを聞きながら、どっぷりと熱めの湯につかった。
「これぞ木賊温泉!」。
 温泉天国を満喫して岩風呂から上がったまではよかったが、そこでステーンと大転倒。目から黄色い火花が飛んだ。林道では転倒しなかったのに…。天国から一気に地獄へ。このギャップの大きさが旅の魅力ともいえる。
 転倒で痛めた体をひきずって岩風呂前の民宿「若松屋」へ。21時30分という遅い時間にもかかわらず、「若松屋」のおかみ、えみ子さんはにこやかな笑顔で迎えてくれた。えみ子さんの笑顔を見た瞬間、ズッキーン、ズッキーンと全身を突き抜けるような転倒の痛みはどこかに吹っ飛んだ。
 ほんとうにありがたいことだが、広間には夕食が用意されていた。
 まずは熱燗の「イワナの骨酒」。うまい。じつにうまい。腹わたにしみこむようなうまさだ。
 そのあとは奥会津の地酒「花泉」の辛口を飲みながら、イワナの刺身と塩焼き、山菜料理と茸料理の数々をいただいた。これぞ山里の味覚。最後は名物そばと松茸御飯。
「お〜天国、天国!」
 天国→地獄→天国とめまぐるしく移り変わった木賊温泉。
「若松屋」のえみ子さ〜ん、ご馳走さまでした!

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 33→29→28→23→18→17→11→7

山寺→山形→米沢→喜多方→木賊温泉

山寺を通るJR仙山線
山寺を流れる紅葉川


山寺の風景
高沢馬形林道のダートに突入!


高沢馬方林道を行く
米沢盆地の稲田。高畠で


大峠を越える
会津盆地の夕日


木賊温泉の「岩風呂」
木賊温泉の民宿「若松屋」の夕食



Comments

Comments are closed.

  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2017年6月11日
       10:00〜14:00(予定)
     前夜祭 10日18:30〜
      ※前夜祭は会費5,000円
      (要事前申込)
    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町
    ツーリングマップル東北7E-1
    今年も賀曽利隆のトークショーを開催予定。
    詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税