カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第202回 南本内林道

投稿日:2012年1月23日

2010年 林道日本一周 東北編2

森林と渓谷の美しさに東北の自然を実感する

 横手駅前温泉「ゆうゆうプラザ」では朝湯に入り、朝食を食べて出発。国道107号を東へ、秋田・岩手県境の巣郷峠でスズキDR-Z400Sを停めた。
 奥羽山脈の峠の中では一番低い巣郷峠は冬期閉鎖もなく、一年中、通行可。峠上は平坦で巣郷温泉の温泉宿や日帰り入浴の「峠の湯」、食堂などがある。
 巣郷峠から湯田(西和賀町)へと下っていく。
 湯田の町並みを走り抜け、県道1号との分岐点を過ぎたところで国道107号を右折。湯田ダムの錦秋湖を渡り、錦秋湖温泉「穴ゆっこ」の脇を通り、ロングダートの南本内林道に入っていく。
 南本内川沿いに走る。目に残る森林美と渓谷美。
 東北の自然の美しさを実感できる南本内林道だ。
 南本内岳(1492m)への道との分岐点を直進し、岩手・秋田県境の名無し峠に向かって一気に登っていく。峠に到達するとDRを停め、奥羽山脈の山並みをしばし眺めた。
 秋田県側に下っていくと、砕石場からの道と合流。ここからは幅広ダートになるが、頻繁にダンプカーとすれ違うので要注意。こうして18・3キロのダートを走りきり、国道397号→国道342号に入っていく。
 奥羽山脈から横手盆地に下ると、前方には広々とした水田地帯が広がっている。豊かさを感じさせる稲田の風景だ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 61→56→62→55

横手→湯田→横手

横手駅前温泉「ゆうゆうプラザ」の朝湯に入る
「ゆうゆうプラザ」の朝食


「ゆうゆうプラザ」を出発
国道107号の巣郷峠に到達


湯田の巨根のわら人形
南本内林道のダートに突入!


南本内岳への道との分岐
南本内林道の名無し峠からの眺め


南本内林道の秋田県側を下っていく
広々とした横手盆地の水田地帯


Comments

Comments are closed.

Scroll Up