カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第195回 琴畑長井林道

投稿日:2012年1月16日

2010年 林道日本一周 東北編2

平田坂林道を最後に遠野エリアを後にする

 遠野から再度、国道340号を北上。スズキDR-Z400Sを走らせ、300本目となった記念の不動沢林道の入口を過ぎ、遠野市と川井村(現宮古市)の境の立丸峠まで行く。そこで「峠返し」だ。
 来た道を引き返し、不動沢林道の入口を通り過ぎ、平地まで下ったところで左折。田園地帯を走り抜け、最後の集落、琴畑を過ぎると琴畑長井林道のダートに突入だ。
 4キロほど走った最初の分岐は直進(左折する林道は支線で最後は本線に合流)する。名無しの峠の分岐は左へ(右の林道は新山高原に通じている)。この峠が遠野市と大槌町の境になっている。
 大槌町に入り、さきほどの支線と合流し、「金糞平の山桜」前を通る。
「金糞平」という地名が残っているくらいだから、このあたりでは、かつては製鉄が盛んにおこなわれていたのだろう。
 かなり大規模な伐採現場を通り過ぎ、上長井の集落の手前で舗装路になる。ダート16・5キロの琴畑長井林道だ。
 上長井、下長井と走り抜け、左折し、平田坂林道に入っていく。
 平田坂林道は入口からダート。平田坂峠を越え、県道26号に出る。ダート6・7キロの平田坂林道は入口から出口まで、きっちりとダートなのがうれしい。
 県道26号を北上し、大槌町と川井村(現宮古市)の境の土坂峠でDRを停める。
 ここで昼食。遠野駅で出会い、笛吹峠で別れたkoshiさんの差し入れ、「ピリ辛ちくわ」や「もっちりたい焼き」、「南部せんべい」などをいただく。
 土坂峠を下り国道340号に出ると、さきほどと同じように立丸峠まで行き、「峠返し」で引き返し、閉伊川沿いの国道106号に出た。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 64

遠野→大槌→川井

遠野から国道340号を北上
国道340号の立丸峠


琴畑長井林道のダートに突入!
琴畑長井林道の樹林地帯を行く


琴畑長井林道沿いの「金糞平の山桜」
琴畑長井林道の伐採現場


平田坂林道の平田坂峠
県道26号の土坂峠


土坂峠の大槌町側の峠道
土坂峠で昼食


Comments

Comments are closed.

Scroll Up