カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第192回 笛吹林道

投稿日:2012年1月13日

2010年 林道日本一周 東北編2

樹林の中を走り抜け、新山高原に出た

 JR釜石線遠野駅の駅舎ホテル「フォルクローロ遠野」でひと晩泊まった。
 翌朝は目を覚ますとすぐに朝湯に入り、湯から上がると6時18分発の一番列車、盛岡行きを部屋の窓から見下ろした。つづいて遠野始発、6時28分の宮古行きの列車を見送った。こうして駅舎ホテルで列車を見ていると、無性に鉄道の「鈍行旅」をしたくなる。「フォルクローロ遠野」の朝食を食べて出発。外に出ると、koshiさんが待ち構えていた。宮古から車を飛ばして来てくれたのだ。
 遠野から県道35号で笛吹峠に向かったが、そこまでkoshiさんの車と一緒に走り、峠で別れた。koshiさんはそこから三陸海岸に大槌に下り、国道45号で山田経由で宮古に帰っていく。
 この笛吹峠が遠野周辺の林道走破行の起点だ。
 スズキDR-Z400Sのアクセルを吹かし、まずは第1本目の笛吹林道に入っていく。権現山(970m)の山頂近くを通り、牧場の脇を走り抜け、高原を貫く「風車街道」の舗装路とのT字路に出る。ダート4・5キロの笛吹林道だ。
 つづいて2本目の和山林道。そのT字路からわずかに戻ったところから入っていく。界木峠を越え、4・5キロのダートを走ると舗装路になる。狭路のこの道が昔の大槌街道。
 3本目の初神林道入口で2又の分岐になるが、大槌街道は右へ。ところがこの道は市道(釜石市)廃止で通行止になっている。「市道廃止」で通行止というのは初めて見た。
 その2又の分岐を左へ、初神林道に入っていく。樹林の中を走り抜け、新山高原に出た。3本の林道で13・6キロのダートを走った。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 64

遠野

「フォルクローロ遠野」の朝食
「フォルクローロ遠野」にkoshiさんが来てくれた!


笛吹峠でkoshiさんと別れる
笛吹林道のダートに突入


和山林道を走る
「釜石ウィンドファーム」周辺の案内板


市道廃止で通行止
初神林道を行く


Comments

Comments are closed.

Scroll Up