カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第191回 草倉林道

投稿日:2012年1月12日

2010年 林道日本一周 東北編2

ニホンカモシカの親子に遭遇

 国道397号の姥石峠を再度、出発。来た道を引き返し、種山高原の物見山近くから外山林道のダートに突入。スズキDR-Z400Sを走らせ、丸森山(725m)の山頂近くを通り、外山の集落へと下っていく。これでダート7・6キロの外山林道を往復した。
 外山から県道174号に出ると右へ、そして1キロほどで右折し、草倉林道に入っていく。ここではニホンカモシカの親子に出会った。親の方はすぐに森の中に飛び込んだが、子供の方はDRの進行方向に逃げていく。やっとという感じでジャンプ一番、森の中に飛び込んだ。
 そのすぐ先でまたしてもニホンカモシカと遭遇。そのニホンカモシカは余裕たっぷりで林道の脇から興味深そうにDRを見つづけた。
 草倉林道のダート10・7キロを走りきり、国道107号に出た。
 国道107号の荷沢峠まで行き、そこで折り返し、次に小友から小友峠に向かっていく。その入口には不動岩。巨岩の下に厳龍神社がまつられている。
 小友峠はかつてはダートの峠道だったが、今では2車線の舗装路。それでも峠を越えた遠野盆地側に0・8キロのダート区間が残っていた。
 遠野の町に入り、JR釜石線の遠野駅前でDRを停めた。
 遠野駅からは鍋倉城跡に行き、そこから遠野の市街地を見下ろし、遠野盆地を一望。遠野は遠野南部氏1万2500石の城下町。中世の山城の形態をとどめる鍋倉城は天正年間(1573年〜1591年)の築城だといわれている。
 夕暮れの鍋倉城跡を下り、町中の「あんべ」という店で夕食。遠野名物の「ジンギスカン」(1200円)を食べた。すっきりさっぱりした北上山地産の羊肉の味わいだ。
 遠野駅に戻ると、駅舎ホテルの「フォルクローロ遠野」に泊る。遠野駅に入ってくる釜石線の列車を部屋から見下ろすのはたまらない気分だった。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 57→58→64

種山高原→遠野市街

国道397号の姥石峠を出発
外山林道のダートに突入!


外山林道を行く
草倉林道を行く


ここでニホンカモシカに出会った
国道107号の荷沢峠


舗装路に変った小友峠
小友峠近くには短いダート区間が残っていた


遠野駅前に到着
鍋倉城跡から遠野の市街地を見下ろす


鍋倉城跡から遠野盆地を一望!
遠野の「あんべ」で夕食。「ジンギスカン定食」を食べる



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税